読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

アッタとタッタのさがしもの クリスマス ツリーのかざりが ゆくえふめい!

アッタとタッタのさがしもの クリスマス ツリーのかざりが ゆくえふめい!

アッタとタッタのさがしもの クリスマス ツリーのかざりが ゆくえふめい!

作家
b.b.クローニン
しまおまほ
出版社
リトル・モア
発売日
2018-11-09
ISBN
9784898154823
amazonで購入する

「アッタとタッタのさがしもの クリスマス ツリーのかざりが ゆくえふめい!」のおすすめレビュー

見つけられたら脳が若い!? 世界中で大人気の美しい“探しモノ絵本”が日本初上陸!

『アッタとタッタのさがしもの クリスマス』(b.b.クローニン:著、しまおまほ:訳/リトルモア)

 年に一度のクリスマス。クリスマスツリーがあるおうちでは、飾りつけをするのも大事なイベントです。でも、せっかくの飾りが行方不明になってしまったら? クリスマスツリーをテーマにした探しモノ絵本『アッタとタッタのさがしもの クリスマス』(b.b.クローニン:著、しまおまほ:訳/リトルモア)が登場しました。

 作者はアメリカで活躍する有名イラストレーター・b.b.クローニン。本国以外でもヨーロッパやアジアの各国で人気のこのシリーズが、日本語訳されるのは今作が初めて。自身もママである多彩なエッセイストのしまおまほさんが翻訳を手がけ、探しものをする子どもたちを応援してくれるような楽しいストーリーに仕上がっています。

 主人公の子どもたち、アッタとタッタはツリーの飾りの手伝いをするために、じいじのところへ。じいじの家は宝物がいっぱいで、飾りが行方不明になってしまったのです。早くしないとクリスマスに間に合わない! 筆者も2歳の息子と一緒に飾りを探してみました。

 ア…

2018/12/9

全文を読む

おすすめレビューをもっと見る

アッタとタッタのさがしもの クリスマス ツリーのかざりが ゆくえふめい! / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

遠い日

大好き探し絵だが、蛍光色で目がチカチカ。物の大小、遠近感もちょっと不安定。だいたい、じいじのお家、汚すぎます

2018/12/24

2時ママ

次女 小2 ひとり読み。

2018/12/15

2時ママ

次女 小2 ひとり読み。

2018/12/11

たくさん

とにかく家が散らかってきたないけれど、子供たちもけなげに探してる。たぶん50年後は二人もこんな家に住むのだろう。探すのはなかなかむつかしかった。

2018/12/24

感想・レビューをもっと見る