読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

女子大生会計士の事件簿4

女子大生会計士の事件簿4

女子大生会計士の事件簿4

作家
山田真哉
出版社
英治出版
発売日
2004-10-01
ISBN
9784901234610
amazonで購入する

女子大生会計士の事件簿4 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

手押し戦車

商売をやってると掛けでお金のやり取りをする事で円滑に進められるメリットが有るけど、手形割引は借金以上にリスクがあり手形を出した会社が倒産すると銀行から短期にお金を借りた事になるってしまい、掛け商売を広げるほど、借金を負い商品も無料になってしまい資産も減る最悪の事態になる。会社の商売が順調に進んでいることをアピールるするのにも掛け商売は使うことが出来て、会計上で商品を知合いの会社間で循環させあたかも売上、利益を得ている様に偽装出来てしまう。一見便利な掛けは人を欺いたり借金に化ける可能性を秘めた部分がある

2015/01/12

Admiral2009

期末のトラック渋滞は不良在庫の発覚を恐れ、トラックに積んで街を走らせ会計監査から隠していたのかァ~これは仕事で使えるメモしておこうっと、摘発出来たら大手柄です。

2015/03/09

じょにー

‪企業買収の話がおもしろかった。適正な情報開示が企業を倒産に追いやることもあるんだな。投資家を守るか従業員たちを守るかというトレードオフで両方守る選択肢を選ぶベタなところが好き。融通手形の話も勉強になってよかった。‬

2019/02/17

あや

【図書館】 シリーズ4作目。イラストの変化には驚かされちゃいました。なんだか恋愛色強めだったかも。

2011/04/18

旅猫

会計知識と読み物の中間ぐらいの本。企業会計に興味があればとっかかりに面白いかも。挿絵はちょっとニガテですが、表紙はとても好みです。

2010/05/18

感想・レビューをもっと見る