読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

いしをつんだおとこ

いしをつんだおとこ

いしをつんだおとこ

作家
あきやまただし
出版社
ハッピーオウル社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784902528510
amazonで購入する

ジャンル

いしをつんだおとこ / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

S.Mori

ホームレスになった男は町の一角に石を積みはじめます。彼の行動は創作のようでもあり、自分の家を作るもののようでもあります。やめるように言われることもあるのですが、彼はそれを続けます。やがて……。いろいろなことを考えさせてくれる素晴らしい絵本です。小さな子供が読めば、決して諦めないことの大切さやひたむきになる意味が分かるでしょう。大人にとっては社会に中に自分の居場所を作る大切さが、実感されるかもしれません。繰り返し読みたい絵本です。

2020/10/05

おはなし会 芽ぶっく 

コツコツと続けること、やり遂げること、とても難しいことですが、それをしている人々が沢山いるのも事実。後半の仕事とは…のくだりが沁みます。

2019/04/03

杏子

あきやまただしさん? 絵を見て名前見て、二度びっくり! 絵本作家ってすごいですねぇ。二面性ありますね。 石をつんだ男のような「仕事」いいですね。私もそうなりたい。

2014/06/05

Naomi

「読書メーターお気に入り」さんの感想を読んで、知った絵本。『へんしんトンネル』『たまごにいちゃん』のあきやまただしさんの作品とは驚きです。心に染みる、いいお話でした。「いしをつんだおとこ」の生涯が淡々とつづられています。「しごとって……、あんがい そういうものなのかもしれないね」そうですね。

2014/09/11

雨巫女。

《図書館-通常》【再読】←2021年4月26日何もない暮らしから、石を積むと生き甲斐を得て、コツコツ積んでいって、周りから、信頼を得て、家族も得て、なんて羨ましい一生だろう。

2016/11/06

感想・レビューをもっと見る