読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

私の1968年

私の1968年

私の1968年

作家
鈴木道彦
出版社
閏月社
発売日
2018-10-10
ISBN
9784904194065
amazonで購入する

私の1968年 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

風に吹かれて

 2018年刊。1968年頃に総合雑誌などに掲載された文章を収める。羽田闘争に関わる報道における新聞への異論、1968年5月のパリ革命、アルジェリアで植民地解放運動に関わったファノンのこと、そして金嬉老裁判への参加。 政治やマスコミへの歯に着せぬ言論活動、のみならず、主体的に関わる行動力。プルースト『失われた時を求めて』を鈴木道彦訳で読まなかったら、こういった鈴木道彦の言論&活動を知ることはなかっただろう。➡

2020/03/18

ASYURA

「暴力と挫折の弁証法」の思想が、50年を経て再びその相貌を現す。時代を貫く〈抵抗の評論〉集。

2018/12/17

感想・レビューをもっと見る