読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

大前研一ビジネスジャーナル No.2 「ユーザーは何を求めるか」 (大前研一books(NextPublishing))

大前研一ビジネスジャーナル No.2 「ユーザーは何を求めるか」 (大前研一books(NextPublishing))

大前研一ビジネスジャーナル No.2 「ユーザーは何を求めるか」 (大前研一books(NextPublishing))

作家
大前研一
good.book編集部
出版社
good.book
発売日
2014-12-01
ISBN
9784907554118
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

■【大前研一総監修ビジネスジャーナル第2弾。変革を生む武器を全ての人へ。】■

経営コンサルタント大前研一氏総監修によるビジネスメディア第2弾です。
世界中のニュース・各国現地視察からの一歩進んだ分析をお届けします。
メインコンテンツとして「経営者のみに限定公開された大前氏経営セミナー」の講義内容を編集・再構成し、大前氏インタビューを加え、鍵となるビジネストピックを豊富に収録しました。


■【特集テーマ:「ユーザーは何を求めるか」】■

本号では、「ユーザーをどう捉えるべきか」をメインテーマとし、インタビュー/セミナーを通して、海外(シリコンバレーを中心とする西海岸地域)と日本国内という2つの観点から、昨今成長しているビジネスが、ターゲットユーザをどう定義しているか(どうユーザを掘り起こしているのか)をレポートしています。
場所や性別・年齢といった既存のユーザー定義では見いだせていない消費者像を描き出し、どうアプローチするのか、を考えるための特集です。

セミナー1本目、『テクノロジーが創る新たな市場-シリコンバレー的生態系-』では、テクノロジー面が取り上げられがちな「シリコンバレー(及び西海岸地域)発のベンチャー」について、各企業が既存定義に縛られずにより広い(もしくはこれまで定義されていなかった)マーケットをターゲットとすることで、既存企業との差別化に成功している様子を分析しています。

もうひとつのセミナー『消費者の再定義-多様化するコンシューマープロフィール-』では、日本国内に目を向け、人口が減少し高齢化するマーケットの中で、「都市/地方」「年齢」「性別」「家族構成」といった既存のユーザーセグメントが解体され意味をなさなくなっている様を分析しています(例えば、同一性別年齢の社会人の購買行動は多様なものとなっており、以前のマス・マーケティングは効率的なものではなくなっています)。一方、解体されるユーザーと逆に、高齢者マーケットなど、新しく生まれるユーザー像が存在することもレポートし、これからのビジネスがユーザーにアプローチするために必要となる分析素材を提供します。

セミナーを連続して読むことで、グローバルで展開される新しいビジネスを日本国内にどう活かすか、考えることができるよう構成しました。


■【目次】■

│1│
世界・日本で勝ち抜くビジネスのつくり方
(インタビュー/大前研一)
:マーケットをどう読み解くか。

│2│
テクノロジーが創る新たな市場 -シリコンバレー的生態系-
(大前研一経営セミナーより編集)
:飛躍的にグローバル化が進む経営環境のなかで世界市場を塗り替えるベンチャー企業の戦略分析。

│3│
消費者の再定義 -多様化するコンシューマープロフィール-
(大前研一経営セミナーより編集)
:縮小する国内マーケット、通用しない既存事業モデル。これからの日本で勝ち抜くための新たな消費者定義とは。

大前研一ビジネスジャーナル No.2 「ユーザーは何を求めるか」 (大前研一books(NextPublishing)) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

sakotu

「消費者がモノを買わなくなったのではなく、消費者のほしいモノがなくなった」「消費行動の変化が激しく、企業が消費者ニーズをつかみきれていない」

2015/04/14

今野 富康

消費者が買わなくなったのではなく。選んで買うようになったのだということがよくわかります。安ければ買うという人は統計的にも減っている。一方で、希少価値のある商品、自分の価値観にあった商品、安全性の高い商品なら買うと言う人は増えているというのは興味深いです。

2015/04/05

Yuji Terazawa

【 2015年読書日記その11 】 今回も、勉強会の模様を2本収録。前半はテクノロジー関係の話。コンピュータソフトについては結構新し物好きだった私だけれど、最近はとんと…。うん、やっぱり、ある程度フォローしないといかんな。 で、メインは後半のセミナー。良くも悪くも成熟した消費者に対して、何を売ればいいのか? しかも、その消費者たるや、階層分化も高齢化も進んでいるときている。 いや、でも、なかなか面白いテーマだった。私なりにアイデアが浮かんだところもあるし、少し掘り下げたい内容も見つかった。

2015/03/07

感想・レビューをもっと見る