読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

1964 前の東京オリンピックのころを回想してみた。

1964 前の東京オリンピックのころを回想してみた。

1964 前の東京オリンピックのころを回想してみた。

作家
泉麻人
出版社
三賢社
発売日
2019-12-02
ISBN
9784908655159
amazonで購入する

1964 前の東京オリンピックのころを回想してみた。 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

kinkin

サビタイトルは「前の東京オリンピックのころを回想してみた。」著者が昭和に過ごした子供の頃は他の本でも紹介されている。紅白歌合戦、正月、野球や相撲、切手収集オリンピックのこと他。テレビ番組について語られているが都会に住んでいた少年たちは別として地方に住む私達にとってテレビのチャンネルがNHK2局、民放が1局しかなかったのはざんねんだった。大阪の親戚に行ったときつくずく思ったものだ。今年はオリンピックイヤー、小学生の子供たちの目にどのように映るだろう。図書館本

2020/02/17

chitotaka

1964年、東京オリンピック開催年に小1~小2の頃を過ごした著者の思い出のあれこれ。当時人気だったテレビ番組やタレント、スポーツ選手、まんが、子供の間で流行った遊びなどについて語られている。記憶だけではなく改めて調べて描かれた部分も多く、著者の生活環境や趣味を基に回想が展開しているので少し偏りはあるが詳細だ。まだ土管が置かれた空き地や狭い路地があちこちにあった、当時の東京の町や商店街の様子を書いた部分や、オリンピック開催期間のこぼれ話が面白かった。

2020/04/12

紙虫

同世代の人間にはこの上なく共鳴する事物を綴った筆者お得意のネタ羅列本。ニヤリとしたりあるあるではあるのだけれど、感動はなく、意外と軽く読了。まあこの軽さが泉サンなのかな?

2020/04/05

zag2

泉さんとは、ほぼ同年代のため、テレビ番組など実に懐かしく思い出した。当方は田舎の子供だったので、東京の街の様子は「そんなもんかいな」という程度の感想だが、ともかくも「三丁目の夕日」の世界のあれこれが、淡々と記されている。この「淡々と」感は、1990年前後にテレビ探偵団の「私だけが知っている」のコーナーで、著者が本名で解説をしていた雰囲気と変わらないなあと、これまた懐かしく思いだした。

2020/07/17

ロッキー

昭和大好き人間の私。泉さんが書く古き良き昭和を感じるエッセイが好きなので、楽しみにしてました。 が、さすがにちょっと無理があったようです。 なぜって、1964年に私はまだ生まれていないし、地方出身者だからです。(今は東京在住ですが) それでも読めば懐かしさを感じるんじゃないかと思いましたが、やっぱり『ぽかーん』でした。(ただ、麻人少年の作文(実物の写真)には感動しました。) この世代生まれの、東京出身の方には懐かしい一書かもしれません。

2020/10/12

感想・レビューをもっと見る