読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

新版 星野道夫 悠久の時を旅する

新版 星野道夫 悠久の時を旅する

新版 星野道夫 悠久の時を旅する

作家
星野道夫
出版社
クレヴィス
発売日
2020-10-10
ISBN
9784909532435
amazonで購入する

新版 星野道夫 悠久の時を旅する / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

とよぽん

写真も文章も全てがすばらしく、言葉にできないほど。星野道夫さんを丸ごとこの1冊に収めた感がある。息子さんもお父さんと同じようにアラスカの大地と生き物に魅せられて・・・。改めて星野道夫さんの偉大さを感じた。何度も読みたい。

2020/12/27

てぃうり

いい本読んだなー。一言一句漏らさずじっくり読んだし、一枚一枚漏らさずじっくり写真を堪能した。アラスカに生きた星野道夫さん、素晴らしい人生を私に見せてくださりありがとうございます。最後が来るのが惜しくて切なかった。ご家族の文章はもちろん、大好きな今森光彦さんの文章からも、星野道夫さんの人となりを感じられて改めて偉大さ優しさを知った。 最近読んだ『あるヘラジカの物語』を読んでこの本に辿り着いた。今まで読んだ星野道夫さんの科学絵本を再読したいし、他の作品も俄然読みたくなった。

2021/01/19

Go Extreme

1973年、シシュマレフへ:アラスカとの出会いーアラスカからのメッセージ 生命の不思議:極北の動物たちとの出会いー極北の放浪者 アラスカに生きる:人々との出会いー極北の原野を流れる約束の川を旅しよう 季節の色:自然との出会いー可憐な花 森の声を聴く:神話との出会いートーテムポールを捜して 新しい旅:自然と人とのかかわりを求めてーシベリアの日誌より 生命を撮るということ 五感の記憶にとどめよ 低い空 新たなる旅 流れゆく時の中で 星野道夫年譜

2020/12/06

hironz

今、北九州で写真展があっているらしい。見に行きたいが、コロナだ。どうしよう。

2021/08/06

なおみ

星野道夫がアラスカに渡った経緯から、息子さんのエッセイまで。アラスカの地の悠久の時の流れと、星野家の家族の中でしっかりと継承される星野道夫の精神と。動物たちの中で、人々の中で太古から受け継がれるものがなんなのか。常に探求する星野道夫の写真も文章も凛として美しかった。

2021/06/29

感想・レビューをもっと見る