KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

コンビニエンス・ラブ (100min.NOVELLA)

コンビニエンス・ラブ (100min.NOVELLA)

コンビニエンス・ラブ (100min.NOVELLA)

作家
吉川トリコ
出版社
U-NEXT
発売日
2023-10-06
ISBN
9784910207889
amazonで購入する Kindle版を購入する

ジャンル

コンビニエンス・ラブ (100min.NOVELLA) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

だよねー、だよねー、DA・YO・NE!!これはカタルシスを得られた。読書中ずっとくすぶっていた違和感がラストには浄化された。売り出し中で人気急上昇のボーイズグループのメンバー、アキは葛藤していた。「俺はアイドルではない」という自意識なのにアイドル売りしていく事務所。女性ファンのオタク文化に疲弊する日々。そんななか、コンビニで働く素朴な女性マユのことが気になる。芸能人と一般人のラブストーリー。要所要所の「んなわけねーだろっっ!!」という突っ込みも終わってみればOK牧場。このネタは一発勝負、ネタバレ厳禁。

2024/03/24

pohcho

人気急上昇中の五人組イケメンダンスユニットのメンバーとコンビニ店員の恋。今時の世相を盛り込んで話は進んでいくのだが、なんだかちょっと変だなあ(なんでゆで卵?)と思ったら、最後にそういうことだったのね、と。賛否両論あるようだけど、わたしは楽しめた。100分で読める中編小説シリーズ。津村さんの「うどん陣営」も面白かったし、これからも期待。

2024/01/17

papapapapal

お? おおお?? なるほどそういう事か…。 人気絶頂期に差し掛かりつつあるダンスグループのメンバー、アッキーこと成瀬愛生が、自宅近所のコンビニ店員に恋をする物語。 推しとは? アイドルとは? 本の造りも、中身内容も、程良く軽く安っぽくサラリとしてて嫌いじゃない。こーゆーの、たまには良い!

2023/11/05

おかだ

この本について私が言いたいことは特に無い。というのも、ラスト数ページで全部ハッキリキッパリ書いてくれてるから(笑)なんか、なんなんだろう…と謎の違和感とモヤモヤを抱えながら読んで、最後に全部引っくり返すのめちゃめちゃオモロイやん。女子のキャラ設定が異様にフワッとしてるのも理解。しかしほんと、ないわーと思ってた。特にゆで卵のくだりな。ホンマ無いから。アレでファンが納得するわけないやろと。私自身バンドとかアイドルとか好きだけど、こんな葛藤は見たくないかな。どうせやるなら堂々とせい。

2024/02/11

manamuse

なるほど…そういうことか。歌って踊れるイケメンダンスグループのあれやこれやの話かと思ったら、ラストでウケた。アイドルとか推しとかリアコとSNSとか、今っぽい感じが吉川トリコさんね!

2024/03/20

感想・レビューをもっと見る