『ノーラジオ・ノーライフ』公録で空役の松岡さんが大照れ! そのワケは……

アニメ部

2014/8/20

7月20日(日)、秋葉原UDXのAKIBA_SQUAREで開催された「MF文庫J 夏の学園祭2014」。MF文庫J作品の祭典とも言えるこのイベントでは、豪華ゲストを集めたステージも注目を集めた。今回はその中から「『ノーラジオ・ノーライフ』公開録音ステージ」の模様をお伝えしよう。


▲左から松岡禎丞さん、井口裕香さん、茅野愛衣さん

「響-HiBiKi Radio Station-」で配信されていた、すべてがゲームで決まる頭脳バトルラジオ番組『ノーラジオ・ノーライフ』。その公開録音ということで、まずはパーソナリティの松岡禎丞さん(空 役)と茅野愛衣さん(白 役)がステージに登場する。しかしすんなりと公開録音に入らないのが『ノーラジオ・ノーライフ』らしいところ。罰ゲームを賭けてふたりがジャンケンを始め、「絶対にチョキしか出さない」と宣言する松岡さん。だが、そんな揺さぶりには引っかからず、素直にグーを出して茅野さんが大勝利。結局、松岡さんが「本気で負けたくないほど嫌」という罰ゲームを受けることになった。

罰ゲームは、イベント中、この日のゲストである井口裕香さん(クラミー・ツェル役)を3回以上、下の名前で呼ぶという内容だ。いよいよ公開録音が始まり、登場した井口さんが早速「楽しみだね、禎丞!」と先制すると、それに対してすかさず「そ、そうだね……裕香!」と返す松岡さん。しかし動揺が見て取れるほど照れまくりで、テーブルの水をこぼしてしまう始末。そこで気を利かせて茅野さんがティッシュを取りに行き、ふたりだけで番組を進行させるなど、番組冒頭から爆笑の展開となった。


アニメ放送終了直後ということで、話題は放送を終えての感想へ。「絵が綺麗だったし、あと続きが気になる終わりだった」とは井口さんのコメント。さらに「現場で印象的だったこと」に話が移ると、井口さんは「空白のセリフが、回を合わせるごとにピッタリ合っていったこと」を引き合いに、「私も松岡君と距離を縮めたい(笑)」と、またもやひとイジり。

またゲームコーナーでは、黒ひげならぬ茅野さん直筆のステフ危機一発や、アニメ内のチェス対決をモチーフにした会場のノゲラーのテンションを上げる競争などが行なわれた。前者ではまさかの展開となり、後者では松岡さんが……!?どのような結末を迎えたか、詳しくは今回のイベントの模様が収録される本番組のラジオCD Vol.2(9月24日発売予定)で確認してほしい。


レギュラー放送でおなじみのコーナー「『  』(くうはく)は二人でひとつ」も、実施された。このコーナーは質問に対して回答者が同時に答え、答えを合わせるというもの。しかし番組収録が進み、最終回に向けて正解が減っていったという代物だ。井口さんを迎え、3人で行なった今回の質問は「暑い時に食べたいものは?」、「祭りの露店で売っているものは?」、「風呂上がりに飲むものは?」。しかし(ふたつ目の質問に)「りんご飴」、「あんず飴」、「わたあめ」など微妙に惜しい回答続きで、すべて不正解に。最後まで息を合わせることをできない『  』のふたりとひとりだった。
 

 
イベントの最後には一通のお便りが到着し、一旦は終了した『ノーラジオ・ノーライフ』が隔週で続くことが発表された。このサプライズに壇上の3人も客席も大喝采。というわけで7月29日から隔週火曜日に『ノーラジオ・ノーライフ』は更新中。アニメと同じく『  』の息の合った(?)のトークを聴きたいファンはぜひチェックしよう。

◆『ノーラジオ・ノーライフ』公式サイト
http://hibiki-radio.jp/description/ngnl

(取材・文=はるのおと、撮影=橋本商店、松本祐亮、山本哲也)