向井理、松山ケンイチ、桜井翔 この夏、あの原作が人気俳優で続々映画化

映画

2011/9/5

「コミックが好き、映画も大好き」そんな人にとって、今年はハッピーな夏になりそうだ。人気コミック作品原作の映像化作品が続々公開されるからだ。
  
矢沢あい原作の『パラダイス・キス』(全国公開中)は、有名進学校に通う早坂紫(北川景子)がファッション系専門学校生に在学する天才・ジョージ(向井理)と出会って、一流モデルになる夢を追うストーリー。結末は映画版のオリジナルとなるのも楽しみ。原作の世界観を忠実に再現した華麗なファッションに注目だ。
  
8月20日からは宇仁田ゆみ原作の『うさぎドロップ』(8月20日より)が公開される。松山ケンイチ演じる独身の主人公ダイキチが、祖父の葬儀に出席するために帰郷。そこで出会った祖父の隠し子という6歳の女の子を引き取り、そこから始まる共同生活を描く心温まる物語だ。
  
また、昨年の「本屋大賞」2位のベストセラー、夏川草介の『神様のカルテ』は嵐の櫻井翔の主演で8月27日より全国公開される。妻役には、宮崎あおいを迎え、地方医療の現実に立ち向かう内科医の成長を描いた感動ドラマだ。
  
テレビドラマでもコミック原作は強い。
  
武富健治原作の『鈴木先生』(テレビ東京系)は、悩める中学教師の物語。『セカンドバージン』でブレイクした長谷川博己のコミカルな演技に注目。現在放送中で、いよいよ佳境を迎える。
  
また、深夜枠で7月にスタートする中村光原作の『荒川アンダー ザ ブリッジ』(TBS・MBSほか)は、勝ち組エリート青年・リク(林遣都)が河川敷に済む自称金星人の美少女・ニノ(桐谷美玲)と出会う“電波系ラブコメディ”。2012年春には映画も公開される。
  
(ダ・ヴィンチ7月号 この夏見逃せない 新作映画&ドラマ+DVDより)