『罪の声』『バベル九朔』など話題作目白押し! 第7回「山田風太郎賞」候補作品決定

文芸・カルチャー

2016/10/5

 過去一年間で「最も面白い」と評価されたエンタテインメント小説に贈る文学賞、「山田風太郎賞」の第7回候補作品が2016年9月30日(金)に発表された。

 同賞は、小説家・山田風太郎の独創性に富んだ作品群と、その作家的姿勢への敬意を礎に、有望な作家の作品発掘を目的に創設された。今年も話題の作品が続々とノミネートされ、どの作品が受賞作となるか注目と期待を集めている。

<候補6作品>

 選考会と記者会見は2016年10月21日(金)、贈賞式および祝賀会は11月25日(金)に、いずれも帝国ホテル東京にて開催予定。角川三賞として、「第36回横溝正史ミステリ大賞」と「第23回日本ホラー小説大賞」の贈賞式・祝賀会も併せて行われる。

■第7回「山田風太郎賞」概要
主催:株式会社 KADOKAWA/一般財団法人角川文化振興財団
運営:株式会社 KADOKAWA 文芸・ノンフィクション局
対象作品:毎年9月1日から翌年8月31日までに刊行された日本の小説作品
正賞:記念品/副賞:100万円
選考委員:奥泉光、京極夏彦、筒井康隆、林真理子、夢枕獏
⇒「山田風太郎賞」公式HP