意外? お金が貯まる人は「体を動かす習慣」がある

ビジネス

2017/4/27


 あなたは「体を動かす習慣」があるでしょうか。ヨガやトレーニング、ランだけでなく、「エスカレーターと階段なら、なるべく階段を使うようにしている」という些細なことも含めて、お金が貯まる人は「体を動かす習慣」があります。「体を動かす習慣がない」と焦った人は、少し意識をすればお金も貯まるようになるはず。私の著書『お金が貯まる「体質」のつくり方』から、お金が貯まる秘訣についてご紹介します。

■「お金が貯まる人」は、体が引き締まっている?

 「お金が貯まっている人」は、スポーツやトレーニング、ヨガ、ランなどで体を動かしたり、階段をなるべく使ったり、歩くことを意識したりと、健康管理につとめている人が多いです。

 健康に気をつかっていると、つい食べすぎること、飲みすぎることが減るでしょう。もし食べ過ぎたとしても、次の食事で調整しようという意識が働きます。「最近飲みすぎたな。次の飲み会は遠慮してもよさそうだから、パスしようかな」などと自制することもできるでしょう。

 摂取カロリーが減ることで、そのぶん体もスリムになります。体をどんどん動かしやすくなります。それと同時に、出費も抑えられます。健康を意識した“自制心”が働くことで、体だけでなく、出費も引き締まっていくのです。

■体を動かすと姿勢がよくなり、気分もよくなる

 取材等で、素敵な経営者の方にお会いすると、生き生きと輝き、健康的で美しく、前向きな方がとても多いことに驚きます。話を聞いてみると、体を動かす習慣がある人がたくさんいます。

 「トレーニングをしている」「毎朝ウォーキング(またはラン)をしている」「定期的にプールで泳いでいる」「マンツーマンのトレーナーに見てもらってトレーニングをしている」「毎朝できるだけヨガをしている」などなど…何かしら体を動かすことを意識しているのです。

 現代はパソコンやスマホを見る機会が多く、全身が凝り固まってしまうもの。昔に比べて出張が減った方は、同じ場所にじっとしている時間も増えているはずです。

 いつの間にか姿勢が悪く、背中が丸くなっていないでしょうか。体を動かせば、体が本来の位置に戻って姿勢がよくなり、胸が張って、顔も上がります。気持ちもどんどん前向きになるのです。

よく「楽しいから笑うのではない、笑うから楽しくなるのだ」なんていうことを言いますが、姿勢がよくなるから気分がよくなる、という効果もあることでしょう。

■ストレスが減ると、ムダな出費が減ってお金が貯まる

 ムダな出費の多くは「ストレス」によるものがほとんどだと筆者は感じています。体を動かせば、ストレスが爆発しそうになるほどたまる前に、こまめに解消できるはず。

 少し早起きしてストレッチをしたり、ウォーキングをしたりということは、お金をかけずに今すぐ始められることです。電車に乗るときに、いつもエスカレーターを使っていたけれど、なるべく階段を使うというのもすぐにできます。体を動かしはじめると、まるで止まっていた自転車が少しずつ加速して前に進んでいくように、スポーツやトレーニングをしたくなったりと自然に体を動かしたくなっていくでしょう。

 体を動かすことは、自分の心身にとってもよいこと。そして「お金が貯まる人」に近づくことができます。ぜひ小さな「体を動かす習慣」から始めてみてはいかがでしょうか。

【関連書籍】

『お金が貯まる「体質」のつくり方』(すばる舎)

文=citrus ライター・コラムニスト・ファイナンシャルプランナー 西山美紀