妻夫木聡と井上真央が初共演!『乱反射』ドラマ化に大反響「あの重い話をどう表現するのか…」

エンタメ

2018/8/25

 傑作ミステリー小説『乱反射』が2018年秋にドラマ化決定。出演者も発表され、「まさかドラマ化するとは… 原作ファンだからどんな感じで描かれるのか期待」「イメージにピッタリだから間違いないと思う」とドラマ化に期待する声が上がった。

 同ドラマは、貫井徳郎の同名小説が原作。新聞記者である加山聡と、その妻・光恵は息子を不慮の事故で亡くしてしまう。真相究明に奔走する聡が突き詰めたのは、誰にでもある“小さな罪”の連続だった。決して法で裁けない罪の数々に、残された家族がとった行動とは―。

 今回、聡役を務めるのは演技派俳優・妻夫木聡、光恵役には井上真央が抜擢。監督は「舟を編む」などで知られる石井裕也が務めることに。

 妻夫木は井上との共演について、「僕が言うのは失礼かもしれないですけど、一緒に演じていて、すごく気持ちがいいというか、波長が合う方だと思いました」と好印象のようす。また井上も「妻夫木さんとは初めての共演でしたが、とても居心地がよく、様々な感情を、妻として共有させてもらえた日々でした」と、実際の夫婦のようなコメントを送った。

 また現代の社会問題を冷酷かつ、残虐に暴きだす同作に妻夫木は「すごく客観的に見ていたものが、どんどん自分の話なのかと思える部分が出てくると思います」と意味深に語っている。井上は「今の私にどこまで表現できるのだろうと最初は悩みましたが、石井監督と妻夫木さんというお2人の存在が勇気となり、この作品に飛び込むことが出来たように思います」と撮影前の秘話を明かしていた。

 2人のコメントを読んだ人からは、「あの重い話を2人がどうやって表現するのか…」「考えさせられるミステリーだけど2人の演技力に期待!」「コメントだけで相性がいいのがわかる」「大作だけど2人なら演じきってくれると思う!」といった声が続出。

 是非あなたも、この社会派ミステリーに感情を揺さぶられてみては?

■ドラマ「乱反射」
原作:貫井徳郎
監督:石井裕也
出演:妻夫木聡井上真央 ほか