はあちゅう初の長編恋愛小説『婚活っていうこの無理ゲーよ』に共感の声

恋愛・結婚

2018/10/20

 2018年10月9日(火)に、人気ブロガー・はあちゅうの小説『婚活っていうこの無理ゲーよ』が発売された。婚活に挑むアラサー女子の姿をリアリティたっぷりに描いた同作に、読者からは「婚活中の女性は絶対に共感できる」「心に刺さる言葉ばかりで、引き込まれるように読んでしまいました」と好評の声が続出中だ。

 同作の著者であるはあちゅうは、「ネット時代の新たな作家」をスローガンに発信を続ける人気ブロガー。これまで『とにかくウツなOLの、人生を変える1か月』『通りすがりのあなた』など、多くの著書を執筆している。

 今回発売された『婚活っていうこの無理ゲーよ』は、はあちゅう初の長編恋愛小説。主人公は28歳のアラサーを迎えた美香・かえで・舞の3人。「最初に彼氏を作った人が、クリスマスイブに高級ホテルのスイートルームに泊まれる!」という婚活レースを始めた彼女たちの物語は、ひとりひとりが抱えている事情とともにジェットコースターのように展開していく―。

 「結婚とは?」「恋愛とは?」「仕事とは?」といったテーマを盛り込み描かれた同作には、読者から「登場人物それぞれに激しく同意できるところがあって、読んでて楽しかった」「小説なんだけど、恋愛の教科書のような要素も含まれてる」「女性はもちろん男性が読んでも面白い!」「言葉の選び方がいちいちどストライクで一気読みしてしまいました」「3人の婚活を通じて、はあちゅうさんからのエールが聞こえてくるようです」といった反響の声が続出。

 はあちゅうは自身の公式ブログで、同作に対して「1年前に書き終わって、本になるまでに1年かかったから、宿題をずっとやっているような感覚だった…」とコメントしている。

 また「#婚活っていうこの無理ゲーよ」か「#はあちゅう」というハッシュタグをつけてつぶやくと、はあちゅう自身がそのツイートをチェックしてくれるそう。感想を直接伝えたい人は、せひハッシュタグをつけてつぶやいてみては?