初公開! 作家・恩田陸がデビュー前に書いていた、イラスト満載の超個人的な直筆創作ノート全24ページ

文芸・カルチャー

2020/2/14

 直木賞作家・恩田陸がこれまでどこにも出していなかった秘蔵の創作ノート。

 恩田さんいわく、

「久しぶりに高校~大学にかけてのノートを発掘して『うひゃー、恥ずかしい。どひゃー、まったく進歩してない』とショックだった。しかし、紛れもなく今私が小説家として書いているもののルーツがあって興味深いのも事実」

 デビュー前から続けていたノートには、手描きのイラストがふんだんに描きこまれ、知られざる絵やデザインのセンスも味わえます。まさに今となっては、作家・恩田陸のメイキングともいうべき貴重な資料。『蜜蜂と遠雷』や『夜のピクニック』など、数々の傑作の原石がはっきり窺えます。

 高校1年の頃に作っていたという個人誌「すいかずら」のページの一部や、イラストと文字が一体となった読書記録など、盛りだくさんの内容です。

『六番目の小夜子』でのデビューが決まり、「もしも自分が表紙絵を描くなら…」とこっそり勝手に描いたという幻のセルフカバー画。風に長髪をなびかせたセーラー服姿の少女のイメージは、実際の書影とも重なりますが、デビュー作の担当編集者すらその存在を知らず、今回の初公開にあたって、初めて目にしたというから驚きです。

 そのほか、実際の連載開始より15年以上前から『ロミオとロミオは永遠に』の具体的構想があったことを裏付けるポスター。そこにはすでにタイトルだけではなく、登場人物のイメージや帯の惹句までそろっているではありませんか!

 子供の頃からずっと漫画を描いてきた、という少女時代の恩田さんの手による遺跡のスケッチは『メガロマニア』の世界を彷彿とさせ、当時習っていたピアノに対する複雑な思いは『蜜蜂と遠雷』に昇華し、高校の学園生活の記録は『夜のピクニック』のみずみずしい青春の記憶を閉じ込め…恩田ファンには、そのルーツ探しも楽しみのひとつでしょう。

 気になったもの、お気に入りの詩、心にうかんだイメージ。なんでも書いて書いて書いて。

 そして、最後の見開き、高校の卒業間際に書いたという詩は、物語を愛し、物語に愛された、まだ作家になる前のひとりの少女の、切実な作家宣言ともいうべきもの。

 こちらはぜひ、本誌でお楽しみください。

 いま、わたしたちの生きる世界に、「恩田陸」という作家がいてくれて、よかった――。そう、心から感謝したくなること請け合いです。

 彼女の紡ぐ物語に心揺さぶられた人に、届けたい、作家・恩田陸の軌跡です。

『小説 野性時代』第196号 2020年3月号(KADOKAWA)

「創作ノート」は単行本『ドミノin 上海』の発売を記念した「小説 野性時代」3月号恩田陸特集に収録しました。本特集内では劇団ヨーロッパ企画の脚本・演出を手掛ける上田誠氏との対談を実施。群像劇、続編、コメディ、パズル…共通のキーワードが次々と飛び出し、興奮に満ちた熱き創作論を展開します。さらには学生時代から現在に至るまで、恩田さんが手放せないもの、創作の源泉となってきたモノ・ヒト・コトを自身の言葉で解説する「恩田陸を創ったもの20」。さまざまな角度から作家・恩田陸の奔放な想像力を見渡し、30年近く第一線を走り続けてきたその横顔に迫ります。作品をより深く楽しめるためのガイドを全58ページ・フルカラーでお届けします。

■『小説 野性時代』第196号 2020年3月号
発売予定:2020年2月13日
定価:本体800円+税
体裁:A5判・ムック
頁数予定:544頁
https://www.kadokawa.co.jp/product/321901000097/