読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

恩田陸

恩田陸 写真=山口宏之
職業・肩書き
作家
ふりがな
おんだ・りく

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1964年宮城県生まれ。92年『六番目の小夜子』でデビュー。2005年『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞と本屋大賞をダブル受賞。06年『ユージニア』で日本推理作家協会賞、07年『中庭の出来事』で山本周五郎賞を受賞。『EPITAPH東京』『ブラック・ベルベット』など著書多数。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

2005年
『夜のピクニック』第26回吉川英治文学新人賞
2005年
『夜のピクニック』本屋大賞
2006年
『ユージニア』第59回日本推理作家協会賞
2007年
『中庭の出来事』第20回山本周五郎賞
2017年
『蜜蜂と遠雷』第156回直木賞
2017年
『蜜蜂と遠雷』第14回本屋大賞

「恩田陸」のおすすめ記事・レビュー

『そして、バトンは渡された』『蜜蜂と遠雷』など、50%ポイント還元キャンペーン対象の小説10選【Amazon Kindle本】

『そして、バトンは渡された』『蜜蜂と遠雷』など、50%ポイント還元キャンペーン対象の小説10選【Amazon Kindle本】

 Amazonでは、2022年5月26日(木)23:59まで、キャンペーン対象の電子書籍を購入すると、50%がポイントで還元される「Kindle本ポイントキャンペーン」が開催中だ。そこで本稿では、編集部が選んだ「小説・文芸」ジャンルの10作品をご紹介していきたい。

※本ページで紹介する情報は、2022年5月18日18時現在のものです。商品情報や価格等の変更の場合もございますので、詳細はAmazonの販売ページにてご確認ください

『そして、バトンは渡された』(瀬尾まいこ/文藝春秋)

全文を読む

直木賞と本屋大賞のダブル受賞作『蜜蜂と遠雷』&『祝祭と予感』が本日まで割引中!【Amazon Kindle本セール】

直木賞と本屋大賞のダブル受賞作『蜜蜂と遠雷』&『祝祭と予感』が本日まで割引中!【Amazon Kindle本セール】

出典:Amazon

Amazonでは2月17日(木)23時59分まで「最大50% OFF Kindle本 小説・ライトノベルセール」を開催中だ。本稿では、セール対象商品の中から、ダ・ヴィンチWeb編集部が厳選した注目作品をピックアップしてご紹介! この機会に欲しかった作品を、お得な価格で読んでみては?

※本ページで紹介する情報は、2022年2月16日19時現在のものです。商品情報や価格等の変更の場合もございますので、詳細はAmazonの販売ページにてご確認ください

《『蜜蜂と遠雷』あらすじ》 近年その覇者が音楽界の寵児となる芳ヶ江国際ピアノコンクール。自宅に楽器を持たない少年・風間塵16歳。かつて天才少女としてデビューしながら突然の母の死以来、弾けなくなった栄伝亜夜20歳。楽器店勤務のサラリーマン・高島明石28歳。完璧な技術と音楽性の優勝候補マサル19歳。天才たちによる、競争という名の自らとの闘い。その火蓋が切られた。

全文を読む

恩田陸が、14年かけて編み上げた吸血鬼SF『愚かな薔薇』――萩尾望都描き下ろし期間限定カバーも!

恩田陸が、14年かけて編み上げた吸血鬼SF『愚かな薔薇』――萩尾望都描き下ろし期間限定カバーも!

「14年の連載を経て紡いだ 美しくもおぞましい吸血鬼SF」──そんなキャッチコピーとともに届けられたのは、時の重みがずっしり伝わる580ページ超の大作。舞台となるのは、山間の小さな町・磐座。この地に集められた少年少女は、星々の世界へ旅立つ“虚ろ舟乗り”になるため、ひと夏を過ごすことに。他人の血を飲み、歳を取らない体に変質する彼らは、永遠に枯れない“愚かな薔薇”にたとえられていた。

(取材・文=野本由起 撮影=山口宏之)

「磐座のモデルは、旅エッセイの取材で訪れた岐阜県の郡上八幡です。谷間に貼りつくように集落があって、『ここに空飛ぶ円盤が降りてきたら面白いだろうな』と思って。私は違う時期に訪れたのですが、夏には郡上おどりという静かなお祭りもあるんですね。広場に山車が出て、みんなで踊る祭りが30夜以上続き、お盆になれば徹夜おどりも始まって。祭りの時期に飾られる提灯も、ベツレヘムの星を思わせる形で超新星爆発のよう。この土地のイメージが、作品全体のトーンを作っています」  そこに加わったのが、吸血鬼というアイデア。 「私の世代だと、萩尾望都先生の『ポーの…

全文を読む

椎名うみ×野田彩子、川上未映子×穂村弘…5/6発売『ダ・ヴィンチ』マンガ特集がアツすぎる!

椎名うみ×野田彩子、川上未映子×穂村弘…5/6発売『ダ・ヴィンチ』マンガ特集がアツすぎる!

ダ・ヴィンチ6月号

 マンガ通が愛する作品を語り合う「嗚呼、このマンガが好きすぎる。」を特集した『ダ・ヴィンチ』6月号が5月6日に発売された。各界のマンガを愛する目利きたちが、魂をゆさぶられたマンガを語るという内容だ。

 特集の冒頭を飾るのは、椎名うみ(『青野くんに触りたいから死にたい』)と野田彩子(『ダブル』)のスペシャル対談。Twitterで椎名うみから『ダブル』へのラブコールがあり、それに野田彩子が「青野くんは最高の漫画…」と答えたことで対談が実現。このダ・ヴィンチでしか見られない、それぞれのコラボイラストも見逃せない。

 ほか、各界のマンガ通へのインタビューやアンケート、大島弓子をめぐる対談、マンガ家のラブコール往復書簡、マンガ好き芸人の座談会など、大充実のコンテンツをぎっしり収録。

■このマンガが好きすぎるインタビュー 中条省平×『自虐の詩』 あさのあつこ×『日出処の天子』 宇垣美里×『窮鼠はチーズの夢を見る』 恩田陸×『LIMBO THE KING』『WOMBS』 SHOCK EYE(湘南乃風)×『北斗の拳』 吉田尚記『バトルグラウンドワ…

全文を読む

「あたりまえ」が失われた夏に覗く未来『七月に流れる花』『八月は冷たい城』/佐藤日向の#砂糖図書館②

「あたりまえ」が失われた夏に覗く未来『七月に流れる花』『八月は冷たい城』/佐藤日向の#砂糖図書館②

今年はいつもと何もかもが違う夏だった。 これはきっと、みんなが感じたことだと思う。 昨今のコロナ禍で毎年行けていたはずの旅行や帰省、 それだけでなく普通に友達と遊ぶのが難しくなってしまい、 夏特有のキラキラした時の流れを感じにくくなってしまった。 じゃあ、10年20年後の世界はどうなっているのだろうか。 そんな風に考えていた時、私はこの小説に出会った。 『七月に流れる花』『八月は冷たい城』は、恩田陸さんによるファンタジーとミステリー要素が詰め込まれた不思議な作品だ。 "緑色感冒"という感染力の強い病が終息しつつある中で未だにゼロにはならない感染者。 特に身内に感染しやすい緑色感冒は、夏流という街に患者を隔離している。 そんな夏流では、緑色感冒患者の親を持つ子ども達が親の死期が近くなると、"みどりおとこ"という存在に夏流城に招かれる。 そして招かれた子ども全員がマジックミラー越しに写る番号で親の死を確認するまで、林間学校を夏流城で続けなければならない。 七月は緑色感冒を知らない少女の視点、八月は緑色感冒を知ったうえで "みどりおとこ"という存在に…

全文を読む

初公開! 作家・恩田陸がデビュー前に書いていた、イラスト満載の超個人的な直筆創作ノート全24ページ

初公開! 作家・恩田陸がデビュー前に書いていた、イラスト満載の超個人的な直筆創作ノート全24ページ

 直木賞作家・恩田陸がこれまでどこにも出していなかった秘蔵の創作ノート。

 恩田さんいわく、

「久しぶりに高校~大学にかけてのノートを発掘して『うひゃー、恥ずかしい。どひゃー、まったく進歩してない』とショックだった。しかし、紛れもなく今私が小説家として書いているもののルーツがあって興味深いのも事実」

 デビュー前から続けていたノートには、手描きのイラストがふんだんに描きこまれ、知られざる絵やデザインのセンスも味わえます。まさに今となっては、作家・恩田陸のメイキングともいうべき貴重な資料。『蜜蜂と遠雷』や『夜のピクニック』など、数々の傑作の原石がはっきり窺えます。

 高校1年の頃に作っていたという個人誌「すいかずら」のページの一部や、イラストと文字が一体となった読書記録など、盛りだくさんの内容です。

『六番目の小夜子』でのデビューが決まり、「もしも自分が表紙絵を描くなら…」とこっそり勝手に描いたという幻のセルフカバー画。風に長髪をなびかせたセーラー服姿の少女のイメージは、実際の書影とも重なりますが、デビュー作の担当編集者すらその存在を知らず、今回の初公開に…

全文を読む

恩田陸の快速力「つなぎ言葉を隠す。」/『文芸オタクの私が教える バズる文章教室』⑤

恩田陸の快速力「つなぎ言葉を隠す。」/『文芸オタクの私が教える バズる文章教室』⑤

文章力がなくても「バズる」文章は書ける。文芸オタクで書評ライターの三宅香帆さんが、村上春樹さん、林真理子さんなど著名人の文章を例に、「なぜこの文章が人を惹きつけるのか」を具体的に解説。ついつい読みたくなる文章のからくりがわかります!

『文芸オタクの私が教える バズる文章教室』(三宅香帆/サンクチュアリ出版)

ここぞという部分が、はっきり伝わってくる。

 文章の中で、「接続詞」とはなかなかに悩ましい存在です。

 使い方一つで、文章全体を美しくまとめることもできる。一つ間違えれば文章全体を混乱させることもある。感覚的に使うわけにはいかない難物です。

 接続詞とはもちろん「だから」「しかし」「また」「そして」「なぜなら」など、文章を円滑に読ませるために欠かせないものですが、たとえばもし私が先生で、小学生に作文を指導することになれば、やっぱり「まずは接続詞をきちんと使いましょう」って指導すると思います。

「けさのてんきははれでした。“しかし”おひるからあめがふってきました。“だから”もっていたかさをさしました。“そして”かっぱをきました。“なぜなら”あめにぬれると…

全文を読む

映画「蜜蜂と遠雷」の特報映像解禁! 4人のピアニストによる演奏シーンが「イメージ通りで最高!」と話題

映画「蜜蜂と遠雷」の特報映像解禁! 4人のピアニストによる演奏シーンが「イメージ通りで最高!」と話題

 恩田陸の小説を原作とした映画「蜜蜂と遠雷」の特報映像が解禁。ピアノの旋律と共に4人のピアニストが映し出される映像は、「演奏シーンへの期待が高まる」「4人のキャラがイメージ通りで最高!」と話題だ。

 石川慶が監督を務める同作は、国際ピアノコンクールに人生をかけた4人のピアニストの物語。かつて“神童”と呼ばれた女性・亜夜を松岡茉優、最後のチャンスとしてエントリーしたサラリーマン・明石を松坂桃李、音楽エリート・マサルを森崎ウィン、世界最高のピアニストの息子・塵を鈴鹿央士が演じる。

 公開された特報では、アップテンポなピアノの音色と共に4人の演奏シーンが登場。「復活の神童」「不屈の努力家」「信念の貴公子」「祝福の異端児」と、それぞれのキャラクターを表すフレーズも添えられた。ラストに映し出されているのは、波が寄せる海岸の向こうに稲妻を光らせる雷雲が浮かんでいる光景。見た人からは「松岡茉優ちゃんの真剣な表情がいい」「桃李くん子どもがいる役なんだ…!」「塵役の人がとても塵って感じでよかった」とさまざまな反響が上がっている。

 劇中のピアノ演奏を担当するのは、河村…

全文を読む

「恩田陸」のおすすめ記事をもっと見る

「恩田陸」のレビュー・書評をもっと見る

「恩田陸」の本・小説

祝祭と予感 (幻冬舎文庫)

祝祭と予感 (幻冬舎文庫)

作家
恩田陸
出版社
幻冬舎
発売日
2022-04-07
ISBN
9784344431782
作品情報を見る
メガロマニア (角川文庫)

メガロマニア (角川文庫)

作家
恩田陸
出版社
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日
2012-09-25
ISBN
9784041004708
作品情報を見る
学園ミステリー (絶対名作! 十代のためのベスト・ショート・ミステリー)

学園ミステリー (絶対名作! 十代のためのベスト・ショート・ミステリー)

作家
恩田陸
米澤穂信
青崎有吾
千街晶之
出版社
汐文社
発売日
2021-11-20
ISBN
9784811329109
作品情報を見る
Seven Stories 星が流れた夜の車窓から

Seven Stories 星が流れた夜の車窓から

作家
糸井重里
井上荒野
恩田陸
川上弘美
小山薫堂
桜木紫乃
三浦しをん
出版社
文藝春秋
発売日
2020-11-26
ISBN
9784163912981
作品情報を見る
歩道橋シネマ (新潮文庫)

歩道橋シネマ (新潮文庫)

作家
恩田陸
出版社
新潮社
発売日
2022-01-28
ISBN
9784101234243
作品情報を見る
薔薇のなかの蛇

薔薇のなかの蛇

作家
恩田陸
出版社
講談社
発売日
2021-05-26
ISBN
9784065230503
作品情報を見る
灰の劇場

灰の劇場

作家
恩田陸
出版社
河出書房新社
発売日
2021-02-16
ISBN
9784309029429
作品情報を見る

「恩田陸」人気の作品ランキングをもっと見る

「恩田陸」の関連画像・写真

「恩田陸」の関連画像・写真をもっと見る