読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

恩田陸

職業・肩書き
作家
ふりがな
おんだ・りく

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1964年宮城県生まれ。92年『六番目の小夜子』でデビュー。2005年『夜のピクニック』で吉川英治文学新人賞と本屋大賞をダブル受賞。06年『ユージニア』で日本推理作家協会賞、07年『中庭の出来事』で山本周五郎賞を受賞。『EPITAPH東京』『ブラック・ベルベット』など著書多数。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

2005年
『夜のピクニック』第26回吉川英治文学新人賞
2005年
『夜のピクニック』本屋大賞
2006年
『ユージニア』第59回日本推理作家協会賞
2007年
『中庭の出来事』第20回山本周五郎賞
2017年
『蜜蜂と遠雷』第156回直木賞
2017年
『蜜蜂と遠雷』第14回本屋大賞

「恩田陸」のおすすめ記事・レビュー

恩田陸の快速力「つなぎ言葉を隠す。」/『文芸オタクの私が教える バズる文章教室』⑤

恩田陸の快速力「つなぎ言葉を隠す。」/『文芸オタクの私が教える バズる文章教室』⑤

文章力がなくても「バズる」文章は書ける。文芸オタクで書評ライターの三宅香帆さんが、村上春樹さん、林真理子さんなど著名人の文章を例に、「なぜこの文章が人を惹きつけるのか」を具体的に解説。ついつい読みたくなる文章のからくりがわかります!

『文芸オタクの私が教える バズる文章教室』(三宅香帆/サンクチュアリ出版)

ここぞという部分が、はっきり伝わってくる。

 文章の中で、「接続詞」とはなかなかに悩ましい存在です。

 使い方一つで、文章全体を美しくまとめることもできる。一つ間違えれば文章全体を混乱させることもある。感覚的に使うわけにはいかない難物です。

 接続詞とはもちろん「だから」「しかし」「また」「そして」「なぜなら」など、文章を円滑に読ませるために欠かせないものですが、たとえばもし私が先生で、小学生に作文を指導することになれば、やっぱり「まずは接続詞をきちんと使いましょう」って指導すると思います。

「けさのてんきははれでした。“しかし”おひるからあめがふってきました。“だから”もっていたかさをさしました。“そして”かっぱをきました。“なぜなら”あめにぬれると…

全文を読む

映画「蜜蜂と遠雷」の特報映像解禁! 4人のピアニストによる演奏シーンが「イメージ通りで最高!」と話題

映画「蜜蜂と遠雷」の特報映像解禁! 4人のピアニストによる演奏シーンが「イメージ通りで最高!」と話題

 恩田陸の小説を原作とした映画「蜜蜂と遠雷」の特報映像が解禁。ピアノの旋律と共に4人のピアニストが映し出される映像は、「演奏シーンへの期待が高まる」「4人のキャラがイメージ通りで最高!」と話題だ。

 石川慶が監督を務める同作は、国際ピアノコンクールに人生をかけた4人のピアニストの物語。かつて“神童”と呼ばれた女性・亜夜を松岡茉優、最後のチャンスとしてエントリーしたサラリーマン・明石を松坂桃李、音楽エリート・マサルを森崎ウィン、世界最高のピアニストの息子・塵を鈴鹿央士が演じる。

 公開された特報では、アップテンポなピアノの音色と共に4人の演奏シーンが登場。「復活の神童」「不屈の努力家」「信念の貴公子」「祝福の異端児」と、それぞれのキャラクターを表すフレーズも添えられた。ラストに映し出されているのは、波が寄せる海岸の向こうに稲妻を光らせる雷雲が浮かんでいる光景。見た人からは「松岡茉優ちゃんの真剣な表情がいい」「桃李くん子どもがいる役なんだ…!」「塵役の人がとても塵って感じでよかった」とさまざまな反響が上がっている。

 劇中のピアノ演奏を担当するのは、河村…

全文を読む

「あれを映像で表現できるの!?」史上初の直木賞&本屋大賞W受賞作『蜜蜂と遠雷』映画化が話題に

「あれを映像で表現できるの!?」史上初の直木賞&本屋大賞W受賞作『蜜蜂と遠雷』映画化が話題に

『蜜蜂と遠雷』(恩田陸/幻冬舎)

 恩田陸がピアニストの世界を描いた『蜜蜂と遠雷』が、実写映画化されることが決定。「あれを映像で表現できるの!?」「どんな音楽が奏でられるのか楽しみ」と話題になっている。

 国際ピアノコンクールを舞台に、亜夜、明石、マサル、塵(じん)という世界を目指す若き4人のピアニストたちの挑戦、才能、運命、そして成長を描いた本作。かつて国内外のジュニアコンクールを制覇するも、13歳のときに母を亡くし、「ピアニスト」になることから長らく逃げてきた元天才少女、亜夜。社会人となり妻子を持ちながらも夢を諦めきれず、最後のチャンスと決意してコンクールにエントリーした明石。音楽エリートとして超名門音楽院に在籍し、優勝候補最有力の重圧に挑むマサル。そして、今は亡き世界最高のピアニストが遺した謎の少年・塵。まったく異なる境遇にある4人の天才ピアニストたちが国際コンクールでの熾烈な戦いを通して、互いに刺激し合い葛藤し、そして成長を遂げ“覚醒”していく――。

 原作は第156回直木賞と2017年度の本屋大賞をダブルで受賞しており、読者からは「クラ…

全文を読む

「2017年本屋大賞」決定! 大賞は恩田陸『蜜蜂と遠雷』

「2017年本屋大賞」決定! 大賞は恩田陸『蜜蜂と遠雷』

全国の書店員が選ぶ、いま一番売りたい本を決める「本屋大賞 2017」の受賞作が決定した。

ノミネート作品10作品の中から大賞に選ばれたのは、恩田陸氏の『蜜蜂と遠雷』(幻冬舎)。  また、「翻訳小説部門」では『ハリネズミの願い』(トーン・テレヘン:著、長山さき:訳/新潮社)が選ばれた。

2017年本屋大賞受賞作

大賞 『蜜蜂と遠雷』(恩田陸/幻冬舎) ⇒関連記事はこちら

2位 『みかづき』(森絵都/集英社)

3位 『罪の声』(塩田武士/講談社) ⇒絶対はずさない!プラチナ本を読む

4位 『ツバキ文具店』(小川糸/幻冬舎)

5位 『桜風堂ものがたり』(村山早紀/PHP研究所)

6位 『暗幕のゲルニカ』(原田マハ/新潮社)

7位 『i』(西加奈子/ポプラ社) ⇒関連記事はこちら

8位 『夜行』(森見登美彦/小学館) ⇒絶対はずさない!プラチナ本を読む

9位 『コンビニ人間』(村田沙耶香/文藝春秋)

10位 『コーヒーが冷めないうちに』(川口俊和/サンマーク出版) ⇒関連記事はこちら

◎「本屋大賞」公式サイト http://www.hontai.or.jp…

全文を読む

大賞はどの作品に!?「2017年 本屋大賞」ノミネート10作品発表!

大賞はどの作品に!?「2017年 本屋大賞」ノミネート10作品発表!

『コンビニ人間』(村田沙耶香/文藝春秋)

『蜜蜂と遠雷』(恩田陸/幻冬舎)

 2017年1月18日(水)、全国の書店員が選んだ一番売りたい本「2017年本屋大賞」のノミネート作品が発表された。話題作が勢ぞろいとあり「心震える傑作が選ばれて感無量…」「うはー! むっちゃいい作品ばっかじゃん!」「さすが面白い作品ノミネートしてくれるわ!」と読書家たちは大盛り上がりの様子。

 今年の「2017年本屋大賞」は全国の446書店、書店員564人の投票によりノミネート作品を選出。ノミネートされたのは『i』(西加奈子)、『暗幕のゲルニカ』(原田マハ)、『桜風堂ものがたり』(村山早紀)、『コーヒーが冷めないうちに』(川口俊和)、『コンビニ人間』(村田沙耶香)、『ツバキ文具店』(小川糸)、『罪の声』(塩田武士)、『みかづき』(森絵都)、『蜜蜂と遠雷』(恩田陸)、『夜行』(森見登美彦)の10作品。

『i』(西加奈子/ポプラ社)

『暗幕のゲルニカ』(原田マハ/新潮社)

『桜風堂ものがたり』(村山早紀/PHP研究所)

『コーヒーが冷めないうちに』(川口俊和/サンマーク出版)

『…

全文を読む

構想12年、取材11年、執筆7年! 直木賞受賞作、恩田陸『蜜蜂と遠雷』大型重版で累計発行部数27万部に!

構想12年、取材11年、執筆7年! 直木賞受賞作、恩田陸『蜜蜂と遠雷』大型重版で累計発行部数27万部に!

『蜜蜂と遠雷』(恩田陸/幻冬舎)

 2017年1月19日(木)に発表された第156回「直木三十五賞」。同賞の受賞作『蜜蜂と遠雷』の大型重版が決定した。

 2016年秋に刊行されてからすぐに、全国の読者からの感動と驚嘆と感謝の声が寄せられ続け、話題となっていた『蜜蜂と遠雷』。今回の直木賞受賞発表後、即20万部の大型重版が決定し、累計発行部数は27万部となった。

 さらに特設サイトでは、著者渾身、文句なしの最高傑作と言われている同作の制作裏話を明かす編集者コメントも公開されている。

「構想12年、取材11年、執筆7年」とは『蜜蜂と遠雷』のプレスリリースや新聞広告で使ったフレーズで、恩田陸さんの担当歴20年以上になる私にとっても半分以上の年月この作品に携わり、3分の1の年月、月刊連載原稿の催促を続けていたことになります。 長く一つの作品にかかわるといろいろなことがあるわけで、その最大が3年に1回、開催される浜松国際ピアノコンクールへの4度もの取材です。ふつうは4度も取材しません。取材といってもバックステージを観察するようなことはほとんどなく毎日、会場の座…

全文を読む

「芳醇な読書体験をさせてくれた作品!」 芥川賞・山下澄人さん&直木賞・恩田陸さんに決まって、多くの読書ファンから納得の声続出!

「芳醇な読書体験をさせてくれた作品!」 芥川賞・山下澄人さん&直木賞・恩田陸さんに決まって、多くの読書ファンから納得の声続出!

『しんせかい』(山下澄人/新潮社) 『蜜蜂と遠雷』(恩田陸/幻冬舎)

 2017年1月19日(木)に第156回目となる「芥川龍之介賞」と「直木三十五賞」の受賞作が発表された。芥川賞には山下澄人さんの『しんせかい』が、直木賞には恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』が決定し、多くの読書家からさまざまな反響が上がっている。  芥川賞受賞者の山下さんは劇団「FICTION」の主催者として支持され、「第34回野間文芸新人賞」を受賞した小説『緑のさる』で知られる人物。今回の受賞作『しんせかい』は芥川賞4度目の候補作となる。  描かれているのは19歳の主人公・山下スミトが、俳優や脚本家を夢見る若者たちと共同生活を送り、肉体労働や師との軋轢などを経験していく物語。同作は自身が入塾していた脚本家・倉本聰主催の「富良野塾」での記憶をもとにしていると言われている。

これまでも候補作に上がりつつも受賞を逃していただけに、山下さんは受賞会見で「ほっとした」「痛快」と喜びをコメントしている。  そして直木賞は、『夜のピクニック』や『六番目の小夜子』などの大ヒット作を生み出した恩田さんが6…

全文を読む

特別なクリスマスプレゼントに素敵な一冊を! “X’mas”を彩る5冊の本

特別なクリスマスプレゼントに素敵な一冊を! “X’mas”を彩る5冊の本

 街はすでにクリスマスムード一色。サンタさんからのプレゼントを心待ちに待っている子どもたち。家族や友人、大切な人たちと一緒に過ごすひと時を楽しみに、街を歩く大人たち。そんな幸せなひと時と同じくらい年齢関係なく楽しみなのは、もちろん“クリスマスプレゼント”だろう。あげて嬉しい、もらって嬉しい「クリスマスプレゼント」にピッタリの5冊を紹介しよう。

世界中の子どもたちからサンタさんへ 希望と夢がつまった手紙

7netで購入

 子どもの頃にサンタさんに向けて、自分の欲しいものを書いた手紙を送ったことがある人も多いはず。ワクワクしながら欲しいものを書いたその手紙には、夢がいっぱい詰め込まれている。そんな純粋で真っ直ぐな気持ちがつまったサンタさんへのお手紙が集められ、一冊の本になったのが『サンタへの手紙:DEAR SANTA』(メアリー・ハレル=セスニアック:著、カヒミ・カリィ:訳/クロニクルブックスジャパン)だ。  1870年から1920年にかけて、新聞社に集められた子供たちからのサンタさんへのお手紙。まだ幼い子どもが書いているため、作家のように凝った文章…

全文を読む

「恩田陸」のおすすめ記事をもっと見る

「恩田陸」のレビュー・書評をもっと見る

「恩田陸」の本・小説

蜜蜂と遠雷 (1)

蜜蜂と遠雷 (1)

作家
恩田陸
皇なつき
出版社
幻冬舎コミックス
発売日
2019-09-27
ISBN
9784344845183
作品情報を見る
蜜蜂と遠雷(上) (幻冬舎文庫)

蜜蜂と遠雷(上) (幻冬舎文庫)

作家
恩田陸
出版社
幻冬舎
発売日
2019-04-10
ISBN
9784344428522
作品情報を見る
蜜蜂と遠雷(下) (幻冬舎文庫)

蜜蜂と遠雷(下) (幻冬舎文庫)

作家
恩田陸
出版社
幻冬舎
発売日
2019-04-10
ISBN
9784344428539
作品情報を見る
消滅 VANISHING POINT (上) (幻冬舎文庫)

消滅 VANISHING POINT (上) (幻冬舎文庫)

作家
恩田陸
出版社
幻冬舎
発売日
2019-01-24
ISBN
9784344428270
作品情報を見る
消滅 VANISHING POINT (下) (幻冬舎文庫)

消滅 VANISHING POINT (下) (幻冬舎文庫)

作家
恩田陸
出版社
幻冬舎
発売日
2019-01-24
ISBN
9784344428287
作品情報を見る
森見登美彦リクエスト! 美女と竹林のアンソロジー

森見登美彦リクエスト! 美女と竹林のアンソロジー

作家
森見登美彦
有栖川有栖
京極夏彦
恩田陸
佐藤哲也
北野勇作
飴村行
矢部嵩
伊坂幸太郎
阿川せんり
出版社
光文社
発売日
2019-01-22
ISBN
9784334912598
作品情報を見る
失われた地図 (角川文庫)

失われた地図 (角川文庫)

作家
恩田陸
出版社
KADOKAWA
発売日
2019-08-23
ISBN
9784041086513
作品情報を見る
八月は冷たい城 (講談社タイガ)

八月は冷たい城 (講談社タイガ)

作家
恩田陸
出版社
講談社
発売日
2018-10-24
ISBN
9784065130223
作品情報を見る

「恩田陸」人気の作品ランキングをもっと見る