裁判入門ではなくて「裁判とは入門」

小説・エッセイ

2011/5/18

最近、40人くらいの人が集まる飲み会やパーティーがあると、その中にひとりくらいは「私、裁判員の候補者通知が送られてきたことがあるよ」という人がいます。1年間で何人くらいの人に裁判員の呼出状が送付されているのか細かい数字は知りませんが、2009年に裁判員制度がスタートされてからこの制度は確実に私の「身近」なものになりつ... 続きを読む