空前絶後の文学的苦行の数々! これが本当の読書だッ!

小説・エッセイ

2012/2/26

「読む苦行」 …本作品集をたったのひと言で言い表すとすれば、そうなりましょう。収録される珠玉の幻想譚、奇譚の数々は、どれをとってもトビキリ中のトビキリ。とうとうと、あるいはネチネチと綴られる書簡、数奇な人物による一人語り。それらがタダの1つの事実として切り取られ、無造作に読み手の眼前へと放り投げられます。 奇妙な人物... 続きを読む