「お客様は神様ではなく、所詮は他人!」真梨幸子による“笑える”お仕事イヤミス!

文芸・カルチャー

2018/2/22

『ご用命とあらば、ゆりかごからお墓まで』(真梨幸子/幻冬舎) 「お客様は、神様です」 そう初めに言ったのは、誰だっただろう。日本の会社ではこの精神が根強く、できる限りお客様の要望には応えなければならな... 続きを読む