「豚のはちみつしょうが焼き」レシピ【つくってみた】『レタスクラブ』

食・料理

2018/9/25

『レタスクラブ ’18 10・11月合併号』(KADOKAWA)

 みなさまこんにちは。

 漫画家・イラストレーターの山本ありです。

 やってきました新米の季節。食欲の秋。

 ということで、今月のレタスクラブは「新米がすすむ!地味ウマおかず」です。

 地味だけど、写真映えしないけど、ごはんに合うのはやっぱり茶色いおかず!

 せっかくの新米の季節。食べて食べて体重計は捨てちゃいましょう~!ポーイ!

 色どりにトマトとレタスを盛れば完成~~。

 レタスクラブと同じようにトマトは半月切りに。

 トマトといえば「くし切り」が定番ですが、半月切りにするとオシャレに見える!

 今回はもちろん白米と一緒に!

 野菜が足りないかな?と思ったので、もやし、ほうれん草、人参のミックスナムルも一緒にいただきます。

 もう一品は「ゆでさんまの中華だれ」。さんまをゆでるなんて初めてです。

 塩焼き以外もおいしいなんて・・・新たなさんまの一面を見ることができました。

 お酢をベースに長ネギと生姜が効いたたれと、パクチーの薬味がさんまの独特な旨味にバッチリ合う!

 さんまってエスニック風のたれに対応できるんですね・・・。

 おつまみにもハイレベルな一品!

 食欲の秋、白米に合うはちみつしょうが焼きやゆでさんまレシピを紹介されてはお米(新米!)を大量買いするしかないです。