つくってみた! 野菜もりもりホットサンドと野菜ごろごろスープ

食・料理

2019/6/18

『もりもりホットサンドと野菜ごろごろスープ 元気が出るよ!』(Tesshi/KADOKAWA)

 スムージーをはじめ、野菜ジュース、青汁、サプリメントは、不足しがちな野菜を補うための代用品として人気です。たしかに野菜不足解消のためのひと工夫は必要ですが、できれば野菜そのものを食べる食生活を送りたいものです。

 フォロワー数21万人超(2019年6月12日現在)を誇るインスタグラマーのTesshiさんの著書『もりもりホットサンドと野菜ごろごろスープ 元気が出るよ!』(KADOKAWA)は、簡単につくれて本格的な味を楽しめる、満足度の高いホットサンドとスープのレシピ集。

 さっそく、もりもり&ごろごろの料理にトライしてみました。

さばみそポテトサラダでつくる絶品ホットサンド

 巷で話題のさば缶を使ったポテトサラダをもりもりに盛ってつくります。具材がパンからはみ出さなければ、どれだけ山盛りに盛ってもOK。

【さばみそポテトサラダのホットサンド】
●材料
食パン(8枚切り)…2枚
キャベツ … 1枚(細切り)
スライスチーズ…2枚
マヨネーズ…小さじ1
マスタード…小さじ2

さばみそポテトサラダ
 じゃがいも…小4個( 250g)
 調味酢…大さじ1/2
 塩、こしょう…各少々
 さばのみそ煮缶…1/2缶(約90g)
 ゆで卵…2個(ざっくりと割る)
 玉ねぎ…1/4個(縦薄切り)
 きゅうり…1/4本(薄い小口切り)
 青じそ…3枚(細切り)
 マヨネーズ…大さじ3

●作り方
1.じゃがいもはゆでてざっくりとつぶし、調味酢、塩、こしょうを加えて混ぜ、さます。
2.玉ねぎ、きゅうり、マヨネーズを加えて混ぜ、最後にほぐしたさばのみそ煮、ゆで卵、青じそをざっくりと混ぜる。

3.パンにマヨネーズとマスタードを塗り、チーズをのせて2.を重ね、さらにキャベツをのせてはさむ。

4.両面を焼き、半分に切る。

 さばみそポテトサラダは、みそ煮缶のうまみとマヨネーズのコクがよくからみ、食卓にくり返し登場させたくなる味。ほかにも、ハンバーグや魚フライ、焼き鳥、コロッケなどの余りものを本格的な味わいのひと品に変えてしまうレシピの数々。上手に半熟ゆで卵を作りたい方に必見の、絶対失敗しないコツも紹介されています。

たっぷりの野菜を食べる温サラダのようなスープ

 さっと煮るだけでつくれるおいしい野菜スープ。パパっと調理して、すぐに食べられるので、忙しい毎日を送っている人におすすめです。

【緑のスープ】
●材料(2人分)
むきえび…3尾(ぶつ切り)
アスパラガス…2本(1㎝幅に切る)
キャベツ…1枚(2㎝四方に切る)
アボカド…½個(2㎝角に切る)
ブロッコリー…1/4株(小房に分ける。茎は1㎝角に切る)
きぬさや…5個(3 等分に切る)
水…400㎖
中華風スープの素…小さじ1
塩、こしょう、しょうゆ…各少々
ごま油…少々
(好みで)酢、ラー油…各適量

●作り方
1.鍋に水、スープの素を入れて火にかけ、煮立ったら、えびと野菜を加えて煮る。
2.野菜に火が通ったら塩、こしょう、しょうゆで味つけする。
食べるときにごま油をまわしかけ、好みで酢、ラー油をたらす。

「もりもり」「ごろごろ」が大好きだという著者がつくる料理は、どれもおいしくてボリューミー。しかも、冷蔵庫にあるありものや前の晩の余りもので出来てしまうという手軽さ。手間をかけないこんなレシピなら、毎日たっぷり野菜を食べられます。

 今日から、脱野菜ジュース生活をはじめてみませんか?

文=向千鶴子