山下マヌー連載【第9回】海外滞在中、万が一に備えて緊急連絡先を持ち歩く

WORLD CALLING

2013/7/25

 独自の視点で集めた海外情報が旅好きな人たちに高い支持を受けている、旅行作家・山下マヌーさんのアプリ体験エッセイ「WORLD CALLING」。この連載では、NTTコミュニケーションズのIP電話アプリ「050 plus」の使い心地や実際に旅先で使ってみた場面を紹介していきます。

 ハワイを始め、海外のいろいろなところから「050 plus」の便利さをレポートしてくれているマヌーさん。今回はこれまでの「通話料」とは、また違う「050 plus」を使うメリットを紹介してくれています。

海外滞在中、万が一に備えて緊急連絡先を持ち歩く

 いよいよ本格的夏休み!これから海外へと飛び立って行く人たちも多いのではないでしょうか? このコラムでこれまで書いてきたように、携帯電話は海外旅行中のリアルな現代のお守り。旅行中、不幸にもなにかのトラブルに巻き込まれたとしても、携帯電話があるとないとは大違い。携帯電話さえあれば、いつでもどこでも日本語で助けを呼ぶことができるのですから…。

 と聞いて「大丈夫。海外には携帯持参で行く予定だから」と、安心しているだけでは、携帯はまだ真のお守りとはなってくれません。緊急の際の連絡先も携帯していなくては、意味がないからです。

 

ビーチを独り占め状態で最高!人気の少ないビーチへは、余計なトラブルを避けるため手ぶらでどうぞ。

 

 では携帯しておくべき、緊急の際の連絡先電話番号とは…?

 たとえば保険会社の日本語ヘルプラインだったり、たとえばカード会社の日本語デスクだったり、たとえば滞在するホテルの日本人スタッフの連絡先だったり、たとえば旅行会社の連絡先だったり。そしてもちろん、日本の知人や会社、友人などへの番号なども。出発前にそれら緊急連絡先を携帯の電話帳に入れておけば、トラブルに巻き込まれたときや、天候他の理由で帰国日が変更になった際にも、即連絡がとれるので安心です。

 

当然、人気のない夜道を歩くのは避けたいもの。歩く場合には賊から目をつけられやすいので、カバンなどは持って出歩きません。

 

 加えて大切なことは、通話料を気にせずに日本への電話ができるということ。トラブルの状況を説明するというのは、なかなか困難だったりします。また、相手の対応次第では「暫くお待ちください」と保留にされ、暫くどころか5分以上待たされることもざら。その間にもチャリン、チャリンと通話料が追加。発信した国によっては、10分足らずで数千円もの電話代かかかることも。

 万が一の連絡先+海外からでも料金を気にせずにかけられる状況=海外での安心。そこで登場なのが、通話料を安くするアプリ「050 plus」。固定でも携帯でも、国内からでも海外からでも料金が断然安くなるのは、海外取材で実証済み(※バックナンバーをぜひお読みください! 編注)。加えて、このアプリが優れているのは、アプリをダウンロードするだけで、すでに携帯に登録してある電話番号が、そのまま使えるということ。

 海外からかける時も、電話帳から相手の連絡先を選択→「発信」をタップでOK。国内からかけるときとまったく同じ。また「050 plus」をダウンロードしていない携帯電話や、固定電話にもかけられるというのが、同じアプリを登録しているもの同士でなければ通話できないアプリと違って優秀なところ。

 もちろん通話料も安いので、料金を気にせずにかけられるというのが何よりの安心(※例えば日本の固定電話なら3分8.4円。日本で普通に携帯電話からかけるより安い。マヌーさんの場合、21
円/30秒 編注)。ホテル代や飛行機料金の値段に敏感になっているのと同じように、千円単位で増えていくこともある海外からの通話料にも、もう少し気を配ってみてはいかがです?

 

ということで、8月9日に新刊、¥1,000シリーズ第2弾が発売されます。只今発売に向けて鋭意努力中。お楽しみに!

 


次回は8月10日(土)更新予定です!

 

「050 plus」なら、スマホの電話帳がそのまま使える!

 ちゃっかり、次回作の宣伝まで…。ちなみに、マヌーさん現在は台湾にいるそうですよ。それにしてもマヌーさんの夏休みってどんな過ごし方をするんでしょうか? やっぱり海外旅行なんでしょうか。今度聞いてみます。

 さて、海外にいながら、おトクな通話料で使える「050 plus」ですが、メリットは通話料以外のところにもありました。それが、今回マヌーさんが紹介した「電話帳機能」です。

「050 plus」なら、お手持ちのスマートフォンの電話帳をそのまま使用することができます。ですから、海外旅行の際には、海外から日本への緊急連絡先などは、まとめてスマホに登録しておきましょう。そうしておけば、海外から日本にかける時も、日本で電話をかける時と同じように電話帳で選んで発信するだけでいいのです。それが「お守り」としてのパワーをよりアップさせてくれます。

 しかも! この「050 plus」電話帳は、グループ編集も可能。050の番号が登録されていれば、自動的に「無料通話先」に振り分けられるなど、「050 plus」を最大限有効に使えるようになります。電話帳で電話番号の整理、これも海外旅行の準備の一つに加えたいものです。

「050 plus」の電話帳画面、グループ編集も可能

※iOS 6(以降)をご利用の場合
・アプリをインストール後の初回起動時に、連絡先へのアクセスを「許可しない」とした場合
または
・プライバシー設定で「連絡先」へのアクセスをOFFにしている場合
については、電話帳が表示されません。電話帳を表示するには、iPhoneのプライバシー設定から「連絡先」へのアクセスをONにしてください。

山下マヌー

やました・まぬー●旅行作家、エッセイスト、ジャーナリスト。海外渡航回数は300回を超える。1年の半分近くを旅をして過ごす。独自の視点で集めた海外情報は多くの読者の支持を得ている旅好きにとっての兄貴的存在。ロングセラー『海外旅行(得)マニュアル』をはじめ著書多数。トークショーやラジオなどへの出演だけではなく、テレビ東京系列の『ソロモン流』でとりあげられる。日々の情報はFacebookでも更新中⇒http://www.facebook.com/manoue3

『ハワイ 1000円でできること』(メディアファクトリー)

キーワードは1000円! グルメスポットを中心に、ハワイ初体験からリピーターも満足することウケアイの情報満載。ワイキキのハッピーアワー情報やハンバーガー食べ比べなど、1000円でこんなに楽しい、おいしい、感動できる遊び方をオールカラーで紹介。

 

旅の達人・山下マヌーも試してナットク! 海外からの通話料が圧倒的におトクな「050 plus」って?

【第1回】国内同士よりハワイとの通話の方が安いって、すごくない?

【第2回】もう海外でもOFFにする必要なし!? 成田で携帯を「050 plus」に転送設定してみた

【第3回】記念すべき海外一発目の「050 plus」はハワイ!

【第4回】快調ハワイ取材!「050 plus」のフォトトーク機能で東京の編集者とのアングル確認もラクチン

【第5回】「050 plus」ならハワイから日本への通話料も国内と一緒!

【第6回】「050 plus」の留守番電話機能に頼りきり、プーケットのビーチ探訪へ

【第7回】受ける側だけでなく、かける人も幸せな「050 plus」?

【第8回】日本への電話代が激安になるのがやっぱり最大メリット

【第10回】タブレットを持って海外に行くなら。「050 plus」もダウンロードしておきたいもの

【第11回】山下マヌー連載 「WORLD CALLING」最終回でございます。愛読ありがとうございました!