『働くおっぱい』「7年間AV女優をやっていて、最もヒットした作品」/紗倉まな

エンタメ

2019/2/7

「恵方巻が大量に廃棄される」という切ないネットニュースが流れてきて、えっ、しかも10億円分の恵方巻とな!? っておったまげー。

 生産量もさることながら、手に取られない量にもダブルでびっくり。みんな、そんなに恵方巻って食べないものなの? 恵方巻への愛情って、そんなに薄れているの? あんまり思い入れがないとか? というかいつから始まったんだっけ、恵方巻の文化。

「太いものを咥える」だなんて最高にエロ映えするし、こちらの業界では季節感のエロを取り入れるにあたって非常に需要のあるものであるのになあ…。

 食品の中では、ダントツで太さ部門の上位にも君臨するしさ。今年も、女優さんが恵方巻とのツーショットをバンバンアップしてくれていて、全神経が潤っているような人々の好感触具合までこの目で見たぞ? と思ったけれど、そういえば私も、今年はコンビニで置かれているのをスルーして味気なく過ごした節分でございましたな。

 なんだか近隣での恵方巻の待遇が気になって、ちょっくら近くのスーパーに行ってみたら、入口のすぐそばに「コチュジャン入り恵方巻」がそれはもう山積みにされていて、これはこれでだいぶ衝撃。

 多分、商品開発をするにあたって「若い人にも手に取ってもらえるように」と考えに考え抜いてひねり出して、辛さも取り入れてここに辿り着いたのだろうけれど、もはやそれは恵方巻ではなくなっているような、なんというのだろうか、恵方巻肯定側からしてみたら変な敗北感。売るのも一苦労、本当に大変なのだろうな……。お疲れ様、恵方巻。がんばれ、恵方巻! 紗倉は恵方巻を心から応援します。来年こそ、恵方巻に幸あれ。(あっ、来年こそ買います)

 といった感じで2月も始まりましたが、実は姫初めを、ちょうど2週間前に終えたところなのであります。今年こそはとPOPなAV制作を目指していたけど、早々にして、これまた「世間のタブー」を題材にした作品がやってきてしまった。ちょっくら心を殴られたような気持ちになりながらも、股間までヒリヒリとセンチメンタル。

 世間のタブーといえば、真っ先に思いつくのが不倫(浮気)とか痴漢とかでしょうか。いや、もっともっとたくさんあるよね。

「してはいけないこと」「法律に触れること」「不快を煽ること」といったことが真っ先に頭に浮かぶが、それらは、ここぞとばかりにAVの題材として掲げられることが増えているような気がするのであります。というか、実質そうなんだよなぁ。

 最近の自分が出演しているラインナップを見てもそれを強く感じるけれど、昨年発表された「FANZA(旧DMM.R18)」での統計結果を見てみても、アダルトサイト内での検索結果のトップにはそういったものが躍り出ていて、驚くよりも先に「やはりそうなのか」と納得してしまうのであります。(気になった方はググってみてね。予想の斜め上をいくので面白いです)

 寝取られる、というかなりインパクトのある言葉も、「NTR」という略語にされてトレンドに入りし、さらにはおしゃれなロゴとなってキャップのデザインになっていたりもするし、AVのパッケージでも、ここぞとばかりにNTRと印字されているのが見受けられる。

 私はその畑にいるせいなのか、見慣れても聞き慣れても決して嬉しくはないはずなのに、「あぁまたNTRですか。流行ってますね、みんな好きですね」って、万人受けする音楽みたいにすんなり受け入れてしまうのだから、ちょっくら感覚がバグっているのかもしれない。

 現実にしてはいけない性的なことを、露骨に反映して作品化できるのはAVというジャンルにおいての主たる強みであるに違いはないけれど、女性側はそんな作品群を見せつけられたらただただ嫌悪感しか抱かないだろうし、そこに絶望感も加わるしで、純粋に恐怖よね。

 出演しているこちら側ですら「なんだこれは……!?!?」と口を開けてしまうような内容が今月も来月も続いていくのだから、冗談ではなく本当にちょっと恐ろしいのである。

 もちろん、自分は役をこなすだけなのだから、実際に誰かに強いられているわけでもないし、現場のスタッフさんにあたたかいケアをされながら演じることもできて、実際の身も心も傷つくことはないはずなんだけど、どこか物悲しいのだ。

 そしてこの物悲しさの理由を少しずつ探っていくとわかるのは、「この内容を求めている人がたくさんいる」という事実に、その負の願望に、やはり多かれ少なかれショックを受けているというところだと思う。

 例えばそれって、映画を観るとかドラマを観るとか、同じ「鑑賞」のくくりではあっても、違う何かがある。

 例えば映画で目を背けるような展開があっても、人々がそのシーンを「求めている」から作られているわけではないことが多いだろう。話の流れでたまたま「そうなってしまった」わけで(ジャンルによっては「この映画のグロイシチュエーションを見たい」とか「刺激を受けたい」という気持ちがあって観る場合もあるかもしれないけれど)、実際にそれを、観ている側が自分の身体の何かに直接的に反映することは起きにくいのではないだろうか。

 それに反してAVというのは、それを観て「興奮する」「抜く」という性的娯楽が第一に求められているのだから、大前提として、自分の心のみならず、身体への「何かしらの反映」の為に作られている。

 それはすなわち、シチュエーションも台詞も展開もプレイも全て、「人がこれを求めている」と確信しなければ作られることがないということでもある。

 だからどこかで「歪」を感じてしまうというか、どうしても唸ってしまうのだ。顕著に「今の時代はこういうのが興奮するために求められているんだ」と認めざるをえないというか。

 社会であれだけ叩かれているタブーを題材にした作品に、これほどの需要があるということ。表立って大声で「こういうAVを観ています!」とは絶対に言わないけれど、実際には求めていたり興味がある、という潜在的な欲求の一端に、ささやかながらも大胆に触れてしまっているような気持ちになってしまうのだ。

 年々AVパッケージの売り上げは冷え込む一方ですが、その中でも私の作品で昨年最もヒットしたものが、「えっ。まじでこれか!」っていうものだった。

 王道の、イチモツを舐め続けるやつとか、尻を見せつけるやつとか、ラブラブいちゃいちゃする主観的な視点の物でも、POPなものでもなかった。性癖のジャンルとして確立して大多数の支持を受けているものではなく、「何故これが!?」という感想が、開口一番出てしまった…。人気が出るAV、まじで読めない説。

 そのヒットした作品(私の作品内で、という狭い範囲だが)がどういったものかというと、私がウエディングプランナーの役に扮し、訪れた新郎新婦に誠実に接客するものの、その裏側で実はその新郎を寝取っている、という、自分がされたら「絶対に許さねー!!!!!!!!」って怒り散らして壁に頭を打ち付けるような設定だった。

 なぜウエディングプランナーが新郎を寝取るのか、それがウエンディングプランナーにとって何かしらのメリットになっているのか、それともただただ「人の物を奪いたい」という歪んだ自己承認欲求なのか。

 理由はわからないまま私は新郎を寝取り続け、そして夫婦は無事に挙式を迎え、何事もなかったようにそれを送り出す、という不思議なストーリーなのだ。(よろしければ今晩のお供に是非)

 そもそも、私は特殊な性癖自体を否定的に思うことは今までにも全くなかったし、人の欲求というのは、その人という人間の歴史を感じて深いものだと尊く思っているところがあった。

 でも、この設定の作品が、七年間出し続けた作品の中でもダントツでお気に入り数の多いものだったから、それだけの人がこういう設定を求めているという現実が、あまりにも大きい波になって私にかぶさってきたのだった。

 その波に「いえ~~い!」と明るく乗り切ることもできず、どちらかというと浮き輪を見つけられず溺れかけてるような苦しい感覚にも似てて、素直に喜べないというか。いやでも、作品自体は売れたのだからとてもありがたいし、実際、一生懸命に作った作品だからこそ、本当に感謝感激なのだけれど。

 気持ちに矛盾が生じるというか、本音を回収しきれない感が。まあ、こんなウエディングプランナーが目の前にいたら相当にやばい人であるわけで、もうすでに犯罪の域に達しているし、あり得ない設定なのだから現実離れはしているのだけれど、男性にはこういう秘かな願望があるのだとして、実際それをされたらと考えてみたら……オロロロロロ――! 爆泣き!!

 結婚という価値観がいろんな意味で打ち砕かれていく……いやでも買ってくれてありがとう! そんな無限ループ。

 負の願望が、AVというフィルターを通すことでフィクションとして成立して、現実世界において抑制されているなら万歳!ってなるけどさ、それを鵜呑みにされたり女性側に強いてしまうことになってしまったら、という恐怖感もあるのだよな。

 AV鑑賞後の余波は可視化できないからこそ、なおのこと複雑な感情になってしまっているだけなのかもしれないけど。万人受けするものだけを作りたいわけでもなく、とはいえ、男性と女性が共に心地よくなるものを目指したいし、もちろん男性が興奮してくれるのは当然ありがいことだし。ネガキャンをしたいつもりではなく、あくまでも一女性である私個人としての意見、というところで思いが巡回する。

 で、それが売れた感触を掴んだら最後、今度は「新婚夫婦が不動産屋にやってきて、その不動産屋のお姉さんが接待しているうちに」っていう展開の作品が出るだろうし、次は婚約指輪を買いに来た夫婦とか、家をリフォームしようとして相談にやってきた夫婦とか、ありとあらゆる夫婦の人生の分岐点で“紗倉まな”が性的に関与しては、寝取って平和を崩していく、そんな作品がこの先増えていくんではないの!? 「売れたからしめしめ!」パターンだな。

 まぁこんなことを言ってたらプロデューサーに怒られるっていうか嫌われそうだけど。とはいえ、売れるものを作ろうとすることは勿論大切なことだし…でも一女性として良心の呵責に苛まれるし…。働くおっぱいの撮影は一種の、精神と思考の試練なのかもしれない……。

 こんな込み入った思考のループが一ミクロンたりでも介在するのであれば、人の欲求などそう簡単には、そして生きている限りでは満たされないのではないか、と思う。

 欲求の源は、すごく単純な心理でしかないはずなのに、欲求を回収するアプローチが豊富に存在していることこそが、人の悩みの増幅にも直接的に影響していっているのではないか。

 人に良く思われたいとか、認められたいとか、寂しさを和らげたいとか、気持ちよくなりたいとか、全て自分にとって快適な温度を得るためのものばかりなのだけど、そのための方法っていろいろあるのだよな。

 私だって「気になっている自分を放置できないから」という理由でアマゾンプライムで海外ドラマを(一日24時間という概念を粉々に打ち砕いて)連続して視聴するわけだし、「こりを和らげて少しでも身体の末端をあたためたい! 気持ちよくなりたい!」って整体に足しげく通っているし。細分化され、選択できる豊富なコンテンツがそろっているのだから、人によっていろんな癒し方があるのは当然のことでもあるよね。

 それを一概に素晴らしいと捉えるのか、もしくはなかったほうがもっとシンプルに生きれるのに、と嘆くのか。私はどちらかというと前者かなぁ。

 たまにAVレビューで「この展開は僕が欲してた展開と違います」という評価を見ることがある。昔、友人がぽつりと言った、「パイズリはパイズリで気持ちいいんだけど、もっと先端部がこすれて、おっぱいの張りがもう少し強いほうが良かったかな。そういった意味で、思っていたのとは違ったんだよね…」という台詞をふと思い出して、人間の我儘さというか、ニーズの果てのなさというか、と呆れながらも、課題は常に増えていると痛感したんだよな。

 そうなると、ほらまた、AVの内容の設定まで際限なくなっていくじゃないの。この追いかけっこはいつまで続くのか見守りたいけど、一周まわって「シンプルなのが良い! 誠実なのが良い!」みたいな時代が来そうだよね。それはそれで良きなのかも。自分の欲求を因数分解して突きとめないと、わからないことばかりだな…。

バナーイラスト=スケラッコ