腹筋と体幹を鍛えてお腹周りがすっきり! 腰への負担が少ない「プランク」のやり方/いちばんかっこいい筋肉のつけ方②

健康・美容

2020/6/30

ただ鍛えまくればいいわけではない。ちょうどよい身体は楽しく作れる! Twitterで大人気の筋トレインフルエンサー・けーすけによる、いちばんかっこいい筋肉がつく筋トレ本。夏に向けて、最強にかっこいい身体を目指そう。

『いちばんかっこいい筋肉のつけ方 やりすぎない筋トレ 食べていい時間は1日8時間』(けーすけ/KADOKAWA)

腹筋を鍛える

腰への負担が少ない
プランク

うつ伏せになった状態で身体を宙に浮かせてキープし、腹筋と体幹を鍛えるトレーニング。腰部への負担を抑えて腹筋を鍛えられるので、お腹周りもすっきり!

30秒×3回

1 ポーズをとる


腕を肩幅に広げ、肘と膝を床につけ、腕とつま先で体重を支えます。

2 膝を浮かせる


腕の位置はそのまま、肩と頭を前方に突き出しながら、膝を床から浮かせます。そのままの体勢で30秒ほど、キープします。

Point
一見簡単に見えますが、10秒もすると腹筋がキツくなってきます。キツくてもお尻が上がらないように注意しましょう! 頭が下がらないようにするのもポイントです。

<第3回に続く>

この記事で紹介した書籍ほか