読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

思い出す事など 他七篇 (ワイド版岩波文庫)

思い出す事など 他七篇 (ワイド版岩波文庫)

思い出す事など 他七篇 (ワイド版岩波文庫)

作家
夏目漱石
出版社
岩波書店
発売日
2008-06-17
ISBN
9784000072984
amazonで購入する

思い出す事など 他七篇 (ワイド版岩波文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

壱萬弐仟縁冊

宿の二階に寐転びながら、少しずつでも前の続きを読む事が出来た。病勢に伴(つ)れて読書は全く廃(よ)さなければならなくなった(12頁)。渋川柳次郎が『酔古堂剣掃』、『列仙伝』を送ってくれたという(22、156頁)。生死とは、日常一束に使用される言葉(54頁)。社会は不正で人情のある敵である(67頁)。四十を越した男に忙しい世が、手間と親切を掛てくれようとは夢にも待設けなかった余は、心に生き還った(以上1911年、68頁)。戦争が正直な二人を嘘吐にしたのだ(1914年、138頁)。

2014/11/29

hirayama46

病により一時は仮死状態にまで至ってしまった際の心中などを書き綴った表題作を主に、細々とした随筆をセットにした一冊。やはり印象に残るのは表題作で、生死にまつわる漱石の洞察は深いものでした。

2018/12/15

うどん

病に伏せっていている状況で、必要以上に世を妬み嫉みを向ける訳でもなく、寧ろ周囲の人々(や、医療人が病人の看病をするシステムとか)への感謝を抱く。性根が清廉というか、育ちが良い人なんだろうな…と所々で感じた。

2014/07/20

timeturner

死に直面しての思索がこれほど見事に書かれたものは少ない。

2011/05/21

感想・レビューをもっと見る