読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

岩波講座 文学〈11〉身体と性

岩波講座 文学〈11〉身体と性

岩波講座 文学〈11〉身体と性

作家
小森陽一
沼野充義
松浦寿輝
富山太佳夫
兵藤裕己
出版社
岩波書店
発売日
2002-11-20
ISBN
9784000112116
amazonで購入する

岩波講座 文学〈11〉身体と性 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

mejiro

柴田元幸「アメリカ文学のなかの愛」、牛島信明「『ドン・キホーテ』とフェミニズム」、 大橋洋一「ゲイ文学」、根本美作子「倒錯と「私」という<器>」、寺田光徳「ハンセン病とエイズ、死をめぐる病」が特におもしろかった。「アメリカ文学~」、<アメリカ文学にあっては、愛の問題が往々にして暴力の問題に反転する>。『ドン・キホーテ』はマチスモな騎士道物語に対するパロディ。すごい作品は時代を超越する。多様なテーマで読み応えがあった。知らない名前が多いのに気後れした。世界にはどれだけ芸術家がいるのだろう…。

2017/05/29

感想・レビューをもっと見る