読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

色ざんげ (岩波文庫)

色ざんげ (岩波文庫)

色ざんげ (岩波文庫)

作家
宇野千代
出版社
岩波書店
発売日
2019-02-16
ISBN
9784003122211
amazonで購入する

色ざんげ (岩波文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

穂積

圧巻。以前『短編女性文学近代』で「幸福」を読んだときに、東郷青児の事件を題にとった作品があると知り、以来読める日を待ちわびていた。最初から最後まで目が離せず一気に読んだ。主人公の譲二は無抵抗に流れに身を任せながらも、突如激情に駆られ突拍子のない行動力を見せたりと、掴めない男。でも全体的にぐにゃぐにゃしている。心理描写が巧みで、ああ生々しく嫌なところを突いて来るなあと思いつつ、でもそれが面白くて、眉をしかめながらうんうんと頷いてしまう。少しずつ、少しずつ、追い込まれていくかんじ。嫌だなあ。面白いなあ。

2019/03/15

getaya

☆☆☆☆☆

2019/03/13

感想・レビューをもっと見る