読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

宇野千代

職業・肩書き
作家
ふりがな
うの・ちよ

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

1957年
『おはん』第10回野間文芸賞
1958年
『おはん』第9回女流文学者賞
1971年
『幸福』第10回女流文学賞
1971年
第28回日本芸術院賞
1982年
第30回菊池寛賞

「宇野千代」のおすすめ記事・レビュー

  • レビュー・書評

あなたも私も「或る一人の女」。共感度100%

あなたも私も「或る一人の女」。共感度100%

文字が氾濫する現代、こんなにも文字に囲まれて過ごしているのに、「ほっ」としたり、嬉しくなったり、きれいだなぁと感動したりする言葉の群れに会うことはなかなかなく、小説となればもう「消費財」のように読み捨ててゆくものも多くなってしまったのではないでしょうか。

宇野千代氏、「おはん」や「色ざんげ」の言わずと知れた明治生まれの大作家ですが、固くなく、すんなりとでもずっしりとしたものが読みたい。技巧がかっていないダイレクトな情景を浮かび上がらせてくれる小説が読みたい、とこの作品を購入、800円。

他のジャンルや作家から比べると少々お高めかもしれませんが、うーん。電子書籍でもこれだけ払っても何十倍ものおつりがくるほどの、読み応えです。言葉が大きな川の流れのように、最初から読者を巻き込み、すっぽりと物語を一緒に「生き」させてくれる迫力。あぁ。小説や、かくあるべし。物語は、氏の自伝的性格が強く、だからこそこの力強さ、なのか。

主人公一枝は、生まれてまもなく母を亡くし、心優しい継母に育てられます。父親は造り酒屋の次男坊で、放蕩家。働いていたのかいないのか、実家から金が送…

全文を読む

「宇野千代」のレビュー・書評をもっと見る

「宇野千代」の本・小説

私何だか死なないような気がするんですよ 心とからだについての282の知恵 (集英社文庫)

私何だか死なないような気がするんですよ 心とからだについての282の知恵 (集英社文庫)

作家
宇野千代
出版社
集英社
発売日
1999-06-18
ISBN
9784087470604
作品情報を見る
私何だか死なないような気がするんですよ―心とからだについての282の知恵

私何だか死なないような気がするんですよ―心とからだについての282の知恵

作家
宇野千代
出版社
海竜社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784759304497
作品情報を見る
或る男の断面 (中公文庫)

或る男の断面 (中公文庫)

作家
宇野千代
出版社
中央公論新社
発売日
2011-10-22
ISBN
9784122055544
作品情報を見る

「宇野千代」人気の作品ランキングをもっと見る

「宇野千代」の関連画像・写真

「宇野千代」の関連画像・写真をもっと見る