読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

小池真理子

職業・肩書き
作家
ふりがな
こいけ・まりこ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

1952年東京都生まれ。成蹊大学文学部卒業。89年「妻の友達」で日本推理作家協会賞(短編部門)、96年『恋』で直木賞、2006年『虹の彼方』で柴田錬三郎賞、12年『無花果の森』で芸術選奨を受賞。12年の後半は「亡父」をテーマにした単行本を上梓。

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

2012年
『無花果の森』第62回,平成23年度芸術選奨文部科学大臣賞
1989年
『妻の女友達』第42回日本推理作家協会賞 短編賞
1996年
『恋』第114回直木賞
1998年
『欲望』第5回島清恋愛文学賞
2006年
『虹の彼方』第19回柴田錬三郎賞
2013年
『沈黙の人』第47回吉川英治文学賞

「小池真理子」のおすすめ記事・レビュー

「絶対号泣する」“大人のラブサスペンス”鈴木京香×草刈正雄『モンローが死んだ日』ドラマ化に期待の声続出

「絶対号泣する」“大人のラブサスペンス”鈴木京香×草刈正雄『モンローが死んだ日』ドラマ化に期待の声続出

『モンローが死んだ日』 (小池真理子/新潮社)

 恋愛サスペンス小説『モンローが死んだ日』のドラマ化が決定。ネット上には、「ついにあの小説が… 今からワクワクしてる」「出演陣も実力派だらけで凄く楽しみ! 見たら絶対号泣する」と期待の声が続出している。

 夫に先立たれてしまった幸村鏡子は、文学者・原島富士雄の記念館の管理人をしながら静かに暮らしていた。そんなある日パニック症状を起こしてしまい、精神科医・高橋智之の診察を受けることに。智之と関わっていくうちに、心の安らぎを取り戻す鏡子。2人はしだいに惹かれ合っていくが、互いの“恋”は思いがけない方向に展開していく…。

 原作を読んだ人の心をつかんだのは、登場人物の“キャラクター性”。「鏡子の心情が手に取るようにわかって感動…」「1人1人の発言が魅力的で凄く引き込まれた」「文章からにじみ出てくる人物の感情が素晴らしい!」「些細な場面でもキャラクターの性格が色濃く出てて美しさすら感じた」といった声が。また作品のストーリーも話題を呼んでおり、「展開が力強いんだけど意外と読みやすくてサラッと読破できた」「静かな…

全文を読む

少女と監禁犯の共同生活、指圧院で欲情…… 「家族と性愛」にまつわる文庫3選!

少女と監禁犯の共同生活、指圧院で欲情…… 「家族と性愛」にまつわる文庫3選!

 家族の話や、性にまつわる話。語ることがタブーとされている話には、どうしてあんなにも興味をそそられるのだろう。しかも、“普通”でなければないほどに知りたくなる。歪んでいるほど、おもしろい。

 さりとて興味の向くままに、人様の事情を根掘り葉掘り聞いては嫌われる。誰にも嫌われることなく、タブーについての好奇心を満たす手段。そのうちの1つが、読書だ。

 ここでは「家族と性愛」にまつわる文庫本を3つご紹介する。夏も終盤、これから訪れる“読書の秋”に、ポケットサイズの歪んだ愛や、熱狂する官能をどうぞお楽しみください。

“家族”もセックスも消えた世界で『消滅世界』村田沙耶香

『消滅世界』(村田沙耶香/河出書房新社) もしもセックスのない世界になったら、わたしたちはどのように生殖し、家族のかたちはどのように変化していくのだろう。その1つの答えを出しているのが、『コンビニ人間』(文藝春秋)で芥川賞を受賞した村田沙耶香さんの『消滅世界』だ。

 舞台は、恋愛と生殖が切り離された世界。夫婦間での恋愛やセックスは暴力にあたるとされているため、多くの人は夫婦関係とは別に恋人をつく…

全文を読む

注目の新刊 『沈黙のひと』 ダ・ヴィンチ2013年2月号

注目の新刊 『沈黙のひと』 ダ・ヴィンチ2013年2月号

介護付有料老人ホームで暮らしていた父が、85歳で息を引き取った。遺品のワープロを受け取った娘の衿子は、日記データが保存されていることに気づく。そこには家族の知らない、父の知られざる一面が記されていた――。著者が亡き父に捧げた、去りゆく人への鎮魂歌。

全文を読む

人間の深みは、知識でもなく教養でもない。人には言えない秘密にあるんじゃないかしら

人間の深みは、知識でもなく教養でもない。人には言えない秘密にあるんじゃないかしら

 ファニーな、なんてファニーな話だろう。若い娘が、恋もしてない男を尾行するなんて。まるでフランス映画の読み心地。読み始めると、残りを明日に回せなくなってしまう。  始まりは、ふとした好奇心だった。大学院生の白石珠は、地元の駅で近所に住む石坂一家を見かけ、夫を尾行してみようと思う。都心まで尾けると、出版社勤務の石坂は都心のカフェで女性と逢い引きしていた。家庭という日常とは、隔壁で仕切られた貌を持っていた石坂。その秘密の温度に炙られたかのように、珠はその後も尾行という行為自体にのめり込んでいく。  心理のプリズムを描くその作風はそのままに、小池さんが主人公を積極的に動かす異色の行動派小説。とても新鮮だ。

  ソフィ・カルに触発されて

──主人公の「白石珠」は25歳です。こんなに若い主人公も珍しいのでは? 「そうですね。『恋』の主人公の布美子も22歳と若かったけれど、それは回想シーンの中の年齢。現在という時間軸の中での彼女は45歳くらいでした。この白石珠は最初から最後まで大学院生なので、この年代の女性を描くのは初めてですね」

──若いだけあって、珠は観念の塊…

全文を読む

「小池真理子」のおすすめ記事をもっと見る

「小池真理子」のレビュー・書評をもっと見る

「小池真理子」の本・小説

怪談〈上〉 (大活字本シリーズ)

怪談〈上〉 (大活字本シリーズ)

作家
小池真理子
出版社
埼玉福祉会
発売日
2019-06-01
ISBN
9784865962840
作品情報を見る
怪談〈下〉 (大活字本シリーズ)

怪談〈下〉 (大活字本シリーズ)

作家
小池真理子
出版社
埼玉福祉会
発売日
2019-06-01
ISBN
9784865962857
作品情報を見る
あなたの不幸は蜜の味 イヤミス傑作選 (PHP文芸文庫)

あなたの不幸は蜜の味 イヤミス傑作選 (PHP文芸文庫)

作家
宮部みゆき
辻村深月
小池真理子
沼田まほかる
乃南アサ
新津きよみ
細谷正充
出版社
PHP研究所
発売日
2019-07-10
ISBN
9784569769455
作品情報を見る
モンローが死んだ日 (新潮文庫)

モンローが死んだ日 (新潮文庫)

作家
小池真理子
出版社
新潮社
発売日
2018-10-27
ISBN
9784101440286
作品情報を見る
死の島

死の島

作家
小池真理子
出版社
文藝春秋
発売日
2018-03-09
ISBN
9784163908052
作品情報を見る
千日のマリア (講談社文庫)

千日のマリア (講談社文庫)

作家
小池真理子
出版社
講談社
発売日
2017-11-15
ISBN
9784062937474
作品情報を見る
異形のものたち

異形のものたち

作家
小池真理子
出版社
KADOKAWA
発売日
2017-11-29
ISBN
9784041058619
作品情報を見る

「小池真理子」人気の作品ランキングをもっと見る

「小池真理子」の関連画像・写真

「小池真理子」の関連画像・写真をもっと見る