読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

神曲 上 (岩波文庫 赤 701-1)

神曲 上 (岩波文庫 赤 701-1)

神曲 上 (岩波文庫 赤 701-1)

作家
ダンテ
DANTE
山川 丙三郎
出版社
岩波書店
発売日
1952-08-05
ISBN
9784003270110
amazonで購入する

神曲 上 (岩波文庫 赤 701-1) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

藤月はな(灯れ松明の火)

高村薫さんの「照柿」でもキーワードとなっていたこの作品を冬休みの読書として読みました。最愛のベアトリーチェと再会するためにウェルギリヌスを導きに層状の構造となっている地獄を旅する。罪人や悪党だけじゃなくて歴史的な哲学者や政治家も地獄にいてびっくりしたけど彼らの行ったことで不幸になる人々もいたということを暗喩しているのだろうか。

2012/12/26

はなひげ

いろんな人が地獄にいる。注がたくさんついているのがありがたいですが、割と意味不明。何語で読んでもよく分からないので、私の不勉強のせいだと思います。でも好き。死ぬまで読みます(笑)

2014/10/15

壱萬弐仟縁冊

1307-21年初出。旧字体。文末註豊富。1-2行単位で進む感じ。326頁にある第一圖で、上がイエルサレム、下が浄の火山、上へ地球、地獄のような構造がわかる。本文は短いようでいて内容がよくわからないので、今回は註にて。七重の高壘(累)は四徳(思慮、公義、剛氣、節制)、三知(聰明、知識、智慧)(222頁)。第十一曲の註で、高利を貪る者は貨をして貨を生ましむるの道をとり不正の利益におきて人間の技とをないがしろに(244頁)。昨今のCSRのない経営者らは、まさしくこの高利を貪って社会的信用を失う輩だなと実感す。

2013/10/26

金吾

○私の中では神曲と言えば地獄扁です。子供の頃絵本で読んで凄く怖かったことを覚えています。岩波版はやや訳が難解ですが叙事詩の韻律を楽しむのにいい作品です。キリスト教徒ではない私にとって異教徒は罪という考えはいかがなものかと感じました。

2020/07/24

歩月るな

これ、と言えばCSI終盤での完璧な「見立て殺人」の印象がとんでもないインパクトを誇るが、そういう部分で『神曲』を読んだ事ない人なんているの? というマウンティングが存するか否かはともかく、一種の「知ってて当たり前」の読解コードとして、日本で言う源氏物語的なポジションにあると言える作品(知ってても読んだことは無い古典)。本文はともかく注釈までも文語文。オウィディウスとかならまあ皆知ってるよね的な所があるので。常用漢字制定以前で時間が止まっており、多少のテクニカルタームも必要。答え合わせは学術文庫版でしよう。

2018/09/26

感想・レビューをもっと見る