読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ

生物から見た世界 (岩波文庫)

生物から見た世界 (岩波文庫)

生物から見た世界 (岩波文庫)

作家
ユクスキュル
クリサート
Jakob von Uexk¨ull
日高敏隆
羽田 節子
出版社
岩波書店
発売日
2005-06-16
ISBN
9784003394311
amazonで購入する Kindle版を購入する

あらすじ

甲虫の羽音とチョウの舞う,花咲く野原へ出かけよう.生物たちが独自の知覚と行動でつくりだす〈環世界〉の多様さ.この本は動物の感覚から知覚へ,行動への作用を探り,生き物の世界像を知る旅にいざなう.行動は刺激への物理反応ではなく,環世界あってのものだと唱えた最初の人ユクスキュルの,今なお新鮮な科学の古典.

生物から見た世界 (岩波文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

KAZOO

もともと1934年に出版されたのですが、知的好奇心を刺激させてくれる本だと思います。昆虫や動物から人間世界がどのように見えているのかを簡潔な文とかなり多くある絵によって説明されています。ハエから見える世界と人間から見える世界など、今まであまり考えていなかったような分析です。

2016/04/22

red falcon

「環世界」の概念をなんとなく理解できました。ミツバチが花畑を見ると花弁が強調されて見えると聞いたことがあります。推測ですが、著者は生物の行動を刺激・反射ということだけでは説明できないと考えていたのだと思います。本文では、多くの昆虫や動物の行動を「環世界」という斬新な発想で説明しています。初版から80年ぐらい経っていますが、研究はどこまで進んでいるのか知りたいと思います。

2017/04/21

ちいらば

自分が見て、感じているのはあくまで自分の環世界に過ぎない。人間と他の生き物とが異なる見かたをするように、自分と他人は違う。拡大解釈とも言えるけど、なんだか自分の中の傲慢さに気づかせてくれた。

2016/10/15

三柴ゆよし

これは激オモローだった。自然界には、客観的な<環境>が存在するのではなく、それぞれの生物が主観的に構築した世界(<環世界>)があるとするユクスキュルの論は、文系オブ文系の人(俺だが)にもとっつきやすいもので、難解さはほとんど感じなかった。いわば客観を絶対とする科学から相対としての主観を取り戻す試みであり、良質なSFを読んでいるような興奮があった。読んだあとに世界が変わってみえるたぐいの本であり、まえがきにて提示されるシャボン玉の比喩があまりに美しいので、興味のある向きはそこだけでもまず読んでみてほしい。

2018/04/19

ビィーン

何気なく手に取った本だが、とても面白い本だった。凝り固まった常識を疑い、未知の世界へ誘う入り口を示してくれる。

2017/04/27

感想・レビューをもっと見る