読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ナグネ――中国朝鮮族の友と日本 (岩波新書)

ナグネ――中国朝鮮族の友と日本 (岩波新書)

ナグネ――中国朝鮮族の友と日本 (岩波新書)

作家
最相葉月
出版社
岩波書店
発売日
2015-03-21
ISBN
9784004315391
amazonで購入する

ナグネ――中国朝鮮族の友と日本 (岩波新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

どんぐり

日本語学校に就学生として来日した中国朝鮮族の女性・恩恵との16年間に渡る交流を描いたエッセイ/ノンフィクション。年々悪化していく日本と中国、韓国の関係。一方、偶然の出会いから身元保証人となった最相と恩恵は、付かず離れずの関係を重ね友人となっていく。朝鮮族であることと中国人であることによって、日本で二重にいわれなき差別を受けながら、日中韓の3か国語を自在に操りながらたくましく生きる恩恵。まるで起き上がり小法師のようだと最相は称する。2014年、二人は恩恵の故郷黒龍江省哈爾浜市に向かう。冒頭はここから始まる。

2015/05/01

Miyoshi Hirotaka

潮が引くときに潮だまりができ、取り残された生き物が、再び潮が満ちてきた時に動き出す。国家と人の動きもこれに似ている。かつてわが国が朝鮮半島や支那に勢力を拡大した時に朝鮮族も大量に移動。わが国が収縮した際に、出身地に帰還した者の他に、その地に留まることを選んだ者も少なくなく、わが国の在日朝鮮人同様、中国領にも大量の朝鮮族が残った。彼らは、改革開放の膨張に乗じ、中国人として韓国、日本への移動を開始。同族の騙し合いや妬みにもめげず、人の善意を徹底的に利用。結婚すら在留権取得の作戦と割り切る上昇志向が凄まじい。

2019/07/17

ぐうぐう

最相葉月が知り合った中国朝鮮族の女性との16年間の記録。交流を通して見えてくる朝鮮族の歴史と、朝鮮族の置かれた厳しい現状を通して、日本人の無知から来る差別意識を浮かび上がらせる。中国人と一括りにしてしまいがちだが、中国人であり、朝鮮族である本書の主人公の女性は、中国で、韓国で、そして日本において差別を受けるという境遇を強いられている。(つづく)

2015/04/29

izw

今日、最相葉月さんの講演があり、この「ナグネ」を読むことと、お店などで外国人に会ったら出身地を尋ねることが宿題となっていた。中国の少数民族に朝鮮族がいることは知っていたが、その実態については全く無知だった。日本にいると「民族」について無頓着である。自分では差別せずに接しているつもりではあるが、「民族」が異なることに関心がいかないので、歴史認識や文化の違いにも気付かず、知らず知らずのうちに神経を逆なでするような言動をとっているのではないかと心配になる。そんなことを考えさせられる一冊であった。

2015/09/12

ちんれん

中国の朝鮮族の話。朝鮮族面白すぎる。卒論のテーマだったから朝鮮族関連の本はついつい買ってしまう。この本にも、朝鮮族の再移住(韓国人が多く暮らす山東省や北京、上海への出稼ぎや、韓国、日本への出稼ぎで起こる移住)、朝鮮族コミュニティーの崩壊など、面白い話が多かった。

2015/04/07

感想・レビューをもっと見る