読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

我らが祖母は歌う

我らが祖母は歌う

我らが祖母は歌う

作家
瀬川深
出版社
朝日新聞出版
発売日
2010-11-05
ISBN
9784022508119
amazonで購入する

我らが祖母は歌う / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ぶんこ

認知症も、このくらいの段階が一番幸せなのかもしれない。 もしや・・と自分で自分の事が心配になり。不安になるより、ホァンと霞がかかったような。 清潔な街は好きだけど、ここまで管理されていると息苦しい。 お年寄りが子供に問いかけただけで不審者情報となるとは。 ミユヅちゃんとリイトくんが同じ部屋って? 他には部屋が無いわけではないのに。 この次男家族の生活には突っ込みどころ満載でした。 お婆さんの立ち居振る舞い、言葉遣いの美しさが素敵でした。

2015/03/25

sena

なんだか読みにくいと思いながら読み進める。そのうちに、この切れ目なくあちこちに飛ぶ文章と、祖母の頭の中が重なっていく。幸せってなんだろうと、ふと思う

2016/06/06

なゆ

セキュリティ万全・完全管理の街に住む、次男一家の家に滞在したひと夏。自然あふれる田舎から来た祖母は戸惑いながらも、孫のミユヅと歌を歌い、思い出に浸りながら日々を過ごす。かなりの物忘れはあるけど、昔の記憶は溢れんばかりに蘇る。自動ロックに閉め出されたり、キャッシュレスの店で買い物できなかったり、息子や嫁の秘密を思いがけず知ってしまったり…。いろいろあるけど、良くも悪くもその事をはっきり捉えることができないのは、ある意味幸せなことかもしれない。頭の中が浮遊しているような、おばあちゃんの脳内的なお話。

2011/12/09

tom

瀬川深の3作目。私の注目の作家。変わらずの瀬川節。ずるずると言葉が流れ続けて,その言葉が心地よい。今度は70いくつかのおばあさんのモノローグで物語が続く。途中の病院での診察で,長谷川式10何点という得点だったものだから,自分のことはどうにかできるというレベルの主人公。夏休みが終わって,郷里富山の高岡に帰っていくのだけど,独り暮らし,大丈夫なのかしら。「私の声はミユヅちゃんの声を支える。ミユヅちゃんの声は私の声に調和して響きあう。老いた声,若い声,二つの声が一つの響きを生み出す」・・・いいなあ,瀬川深

2011/02/19

ららぴぴ

読みにくい。今現在の出来事よりも昔の出来事がさらさらととめどなく流れてくる書き方は主人公が初期の認知症だから?

2013/09/10

感想・レビューをもっと見る