読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

内通者

内通者

内通者

作家
堂場瞬一
出版社
朝日新聞出版
発売日
2014-02-07
ISBN
9784022511447
amazonで購入する

内通者 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ユザキ部長

そっと自問する。そこにあるのは哀れみしかなかった。今さら誉められても嬉しくないよ。ただ事実をしっかり受け止め生きるだけ。過去は取り戻せなくても未来は自分の手の中にある。そう、時間は俺たちにはあるから。

2019/06/20

ゆみねこ

千葉県警の結城は汚職事件の内偵捜査中に妻が急死、離れて暮らす大学生の娘とは意志の疎通がない。情報提供者に感じた違和感から、娘・若葉を巻き込んだ後半に向かっての流れは、一気に引き込まれました。犯人、大人になりきれなかったのか。

2016/12/16

ゆめ

いつもの堂場氏の作品とはまた違ったテイストを感じて 楽しめた。父娘の絆と事件の絡め方が良かったです。

2017/02/12

冴子

珍しく捜査二課の刑事が主役なので、派手さには欠けるが、こうした事件を調べる刑事さんにはそれなりの苦労があるんだね。ただ内通者の名前がそんなにありきたりでないので、その時点でピンとこないかな? 事件そのものより、父と娘の物語の色が濃いお話でした。

2017/09/02

宇宙猫

★★★ 面白いんだけど、結城親子の心理がドラマ的なとこがいまいち。考えを語らないドラマなら面白くても 文章で全部書いちゃうと違和感があるんだよね。

2017/01/09

感想・レビューをもっと見る