読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

三谷幸喜のありふれた生活15 おいしい時間

三谷幸喜のありふれた生活15 おいしい時間

三谷幸喜のありふれた生活15 おいしい時間

作家
三谷幸喜
出版社
朝日新聞出版
発売日
2018-07-20
ISBN
9784022515575
amazonで購入する

三谷幸喜のありふれた生活15 おいしい時間 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

美登利

そうか、大河ドラマ真田丸は三谷幸喜さん脚本だったなぁ。14を読んだのにすっかり忘れてました。お子様も3歳になられて、お弁当も作る頼もしいパパぶりが微笑ましいです。時折入る洋画談義はちっとも分からない私ですが、年齢は3つ上の同じ誕生日の三谷さんには親近感を感じてます。似顔絵もお上手だから和田誠さんを憧れの人だと常々仰ってるのが、最後の方でよく分かりました。Wikipediaを見ると天才なんだなぁとしみじみ。親近感って言っては恐れ多かったです(苦笑)でも天才作家にしては常識人という記載は確かに納得です。

2018/09/15

れみ

三谷幸喜さんのエッセイ、シリーズ15作目。大河ドラマ「真田丸」の執筆終盤からその次の舞台やドラマ、お子さんとの日々など。真田丸、本能寺の変や関ヶ原の戦いのあっさり具合、ナレ死とい言葉。昌幸の瓜売りの歌の素晴らしかったこと。最終回、信之が弟・信繁の死を悟る場面で涙が止まらなかったこと。もう3つ前の大河なのに、色々なことが思い出される。信繁曰く「あちらにはあちらの物語が…」の「おんな城主直虎」もほぼ同時代だったから、戦国時代にどっぷりハマった2年間だった。三谷さん、また大河ドラマ書いてほしい。

2019/03/30

えむ女

真田丸と蘭学事始の話題が入ってた。残念ながら三谷さんの舞台は見たことないんだけど、ドラマや映画は面白い。このエッセイもずっと読んでるけど、お子さん3歳なんだね。いいお父さんなんだね。

2018/08/17

Kumiko

今回から購入せず図書館でお借りして読んだ。このシリーズの魅力だった家庭内のおもしろエピソードやペットの話がなくなってしまい、三谷さんの毒のある人間観察も年齢とともに丸くなったゆえかほとんど見なくなってしまったので…。今作もほとんどがお仕事の話。たまに差し込まれる「訳あって」で始まるお子さんの話が逆に異色なものに感じるくらい。大人になり安定してきて、思考も落ち着いてくるのは分かります。でももっとブレブレだった頃の「ザ・迷走中!」な文章が好きだな〜。あと、他の方々同様、和田さんの絵、途中からどうしちゃったの?

2018/10/24

kyokyokyo3201

ご家族(特にお子さん)の話題が多く登場。サンダーバード、ウルトラマンにスターウォーズ。お子さんを通じて三谷氏が追体験しているのが楽しげである。舞台「不信」はWOWOWで観ていたので裏話を嬉しく読んだ。

2019/01/29

感想・レビューをもっと見る