読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ど制服

ど制服

ど制服

作家
酒井順子
出版社
朝日新聞社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022573728
amazonで購入する

ど制服 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

しぐれ

帯の「みんな好きなクセに」に共感して。 「制服を愛でたいという気持ちはサディズムに 制服を着たいという気持ちはマゾヒズムに」 の一節はもっと深く掘り下げてみたい。 著者は私服校の出身。制服を着れなかったからこそ憧れ求めるのかなと思う。

2013/12/25

さくは

1999年刊の制服エッセイ。著者はストイックで拘束的な制服が好み。学校の制服、職業制服、軍服など。他のスポーツと違い、野球では監督までユニフォームを着ているのは確かに何でだろう。

2015/08/25

ハチマル

今なら言えるね「制服っていいね」って。いや性的な意味じゃなく。

2011/05/05

1977年から

2001年

t80935

制服好き!みんな好きよね!というだけの本。制服観光(山脇学園、宝塚音楽学校、寅壱、防衛大学校)が面白かった。宝塚音楽学校は見られるための清楚さを作っている。登校風景を見に行きたい。|独特な句読点の打ち方など、文章が読みづらくて、気持ち悪かった。

2011/05/10

感想・レビューをもっと見る