読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

ひなびたごちそう―島田雅彦の料理

ひなびたごちそう―島田雅彦の料理

ひなびたごちそう―島田雅彦の料理

作家
島田雅彦
出版社
朝日新聞社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022575289
amazonで購入する

ひなびたごちそう―島田雅彦の料理 / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Humbaba

人は、食事なしでは生きることは能わない。そのことを認識すれば、食事は決して軽視して良いものではない。無理に華美に走る必要はないが、ただただ手軽さだけを追い求めることも正しくはない。物事の本質を直視して、本当の価値というものを考えることが大切である。

2013/12/02

ねなにょ

面白かったな~。読み終わりたくなくて、ゆ~っくり、じ~っくり楽しみました。お料理できる男性って素敵だけど、島田雅彦ほど、極めてしまうと一緒に暮らすの大変なのかしらん?

2013/02/15

散歩いぬ

舌の官能。ひなびたごちそうどころではない。舌が世界を駆け巡る。しかもですな、レシピつき。彦先生の作った料理の写真つき。これはもう彦先生にごちそうしてもらってると思って作るしかないでしょう。

2011/02/13

amanon

著者は本書の冒頭で、「中年が何らかの魅力を誇れるとすれば、退屈を紛らす知恵と教養ぐらいである」と述べておられる。四十を超えた我が身にとっては、かなり重くまた有りがたい忠告である。著者には遠く及ばないにしても、多少の教養は身につけていると自負するものの、しかし、著者のように自ら包丁を握って厨房に立つような力量も必然性も無い者にとっては、著者の言葉はまさしく脳と胃袋に心地よい蘊蓄として響くばかり…本書を読めば、もう少し著者に倣って食に対するこだわりを持とうという気になるが、いかんせん実践は難しい…

2010/10/10

Bonnie

弁のたつ人って頼もしいなあ。

2009/02/20

感想・レビューをもっと見る