読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

キミはヒマラヤ下着の凄すぎる実力を知っているか (朝日文庫)

キミはヒマラヤ下着の凄すぎる実力を知っているか (朝日文庫)

キミはヒマラヤ下着の凄すぎる実力を知っているか (朝日文庫)

作家
北尾トロ
出版社
朝日新聞出版
発売日
2013-02-07
ISBN
9784022617514
amazonで購入する Kindle版を購入する

キミはヒマラヤ下着の凄すぎる実力を知っているか (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

魚京童!

いっさいがっさいのアクティブな思い出に別れを告げて、そこへ戻ることを半ばあきらめる心境が整って、初めて受け入れることのできる境地。

2014/03/23

したっぱ店員

あらゆることにチャレンジするトロさんには脱帽。しかしタイトルから想像するよりはかなり真面目なルポだった。笑いは思ったほどないが、とても興味深かった。詩集を売る女性が気になって仕方ない。

2013/04/21

ふろんた

北尾トロさんの本を読んだのは4年ぶり3冊目。今回は古書店経営に関連する人ということで読みました。内容は実にくだらない。この人はどこに向かっているのか。解決トロはよくまあ、あそこまで続けたな。くだらないことばかりやってるけど、根は真面目な人なんじゃないかというところがちらほらあります。

2014/04/07

ぐっち

ヒマラヤ下着と家売却が気になって手に取ったのですが、そのほかにもいろいろ気になる項目があって面白かったです。その勇気、振りしぼらなくてもいいのに。特に「私の志集」、古い記事だなと思ってたら、揺るがない後日談があって、それはすごいなと思いました。

2013/07/06

雪山でヒマラヤ下着1枚になってみる。オムツを履いて放尿してみる。居酒屋で隣のオヤジに絡んでみる。常人では検証できない様々な疑問を今回も体当たり実験!(トロさんも人並にビビったり躊躇しているのが生々しく面白い!)テイストが違うけれど、新宿で29年間立ち続けて「私の志集」なるものを売っている女性からは、筆舌しがたい迫力と凄みを感じた。その姿は異質ながら、孤高そのものだ。彼女はまだひっそりと立ち続けているのだろうか。私も何度も見たことがある。もしまた見かける日が来たら、私も300円の詩集を買ってみよう。

2018/07/30

感想・レビューをもっと見る