読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

落語に花咲く仏教 宗教と芸能は共振する (朝日選書)

落語に花咲く仏教 宗教と芸能は共振する (朝日選書)

落語に花咲く仏教 宗教と芸能は共振する (朝日選書)

作家
釈徹宗
出版社
朝日新聞出版
発売日
2017-02-10
ISBN
9784022630544
amazonで購入する

落語に花咲く仏教 宗教と芸能は共振する (朝日選書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

はるわか

芸術の中の宗教性、宗教の中の芸術性。濃密に収斂する宗教と、体系や権威を脱臼させて拡散してしまう芸能。「人間は本能の壊れた動物」。巨大な脳、長い生殖可能期間、食欲、攻撃性、その過剰なエネルギーの領域は人間にとって喜びの源泉であり苦悩の源泉でもある。この領域とどうつき合うかは人類にとって大きな問題であった。瞑想や修行はまさに過剰な領域が暴走しないようにコントロールするためのメソッド。人類の共感能力と過剰なエネルギー、アナロジー能力が宗教・科学・芸能・音楽・アートを生み出してきた。悟り・救いの内実は智慧と慈悲。

2017/02/27

ミー子

タイトルから、軽く読める本かと思いきや、内容は重厚。でも面白かった。落語のことが出てくるのは第4章以降で、第3章までは日本の伝統芸能と宗教との関係や歴史などだが、神楽も落語も仏教も好きな私にとっては、面白く読めた。落語って、歴史的にはこんな成り立ちだったんだなぁ。桂、立川、笑福亭などが江戸時代から続いてるというのも初めて知った。落語はやっばり、世界に通じる、素晴らしい本物の「芸」だと改めて思った。

2019/09/26

hayatama

著者が、この本は少し難しいですよ、と予告していたが、分かりやすい語り口は健在。内容が非常に多岐にわたっており、日本における宗教と伝統芸能の関連性がこれでもか、と畳み掛けられる。まるで論文を入門者向けに書き直したような感じだなぁ、と思っていたら、大学での連続講義をベースにしているとのこと。なるほど。あたしは、元落研なんだけど、知らないネタがたくさん出てきてふーんと思いました。弱法師に関しては、釈先生はあちこちで取り上げてて、本書でも出てくるんだけど、大阪の宗教性の基本となる話なんだなぁと再認識。

2017/02/23

yone

落語のネタ元に仏教があるというのも面白い。分かりやすく人を惹きつけるためには笑いや芸能的な要素が必要だったということか。笑うとういうことの宗教的な意味はあるのかなあ。

2017/08/17

Hatsumi Sakoda

宗教が様々な芸能や芸術の元となっているのは洋の東西を問わない。その一方で芸能や芸術が宗教や文化の境界線を軽々と越える、というのも確かだと思われる。比較宗教学の専門家にして僧侶でもある筆者ならではの考察も面白い。舞と踊りの違い、とても納得。

2017/05/30

感想・レビューをもっと見る