読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

終りなき始まり〈下〉 (朝日文庫)

終りなき始まり〈下〉 (朝日文庫)

終りなき始まり〈下〉 (朝日文庫)

作家
梁石日
出版社
朝日新聞社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784022643384
amazonで購入する

終りなき始まり〈下〉 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

つけ麺部長

上巻に続いて下巻を読みました。これは小説家である梁石日の誕生までの顛末を書いた作品です。離婚して愛人とも別れタクシードライバーを辞めた主人公はこれから小説を量産することになります。人生は何かを喪失して何かを得ることの繰り返しであると認識していますが、そのことが大いに示唆されているように思います。内容はもちろんそれだけではなくて、在日の問題も絡まってもっと複雑な様相を呈するのですが、最後まですんなりと読むことができました。梁先生の作品の中ではベストの部類に入る力作だと思います。

2017/10/18

感想・レビューをもっと見る