読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

吸血鬼 お役者捕物帖 (朝日文庫)

吸血鬼 お役者捕物帖 (朝日文庫)

吸血鬼 お役者捕物帖 (朝日文庫)

作家
栗本薫
出版社
朝日新聞出版
発売日
2010-02-05
ISBN
9784022645395
amazonで購入する

吸血鬼 お役者捕物帖 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

たか

江戸中期、元禄を舞台に、秘められた過去を持つ女形役者、嵐夢之丞を主役に配した捕物帳。捕物帖の王道を行く一冊。 浅草・初音座で一、二の人気を争う名女形・嵐采女が宙乗り最中、何者かに命綱を切られて殺されてしまう。若女形の嵐夢之丞は、代役として舞台に立ちながら、事件の真相を探っていく…。 前半緩やかなテンポから、後半は一気に急展開!最後に収録されている八篇目で全てが解決するかと思いきや、続篇の『地獄島』に続く。C評価

2020/09/13

藤月はな(灯れ松明の火)

腕も頭も演技も機転も上等だが外面菩薩、内面夜叉であり、過去を頑なに秘している嵐夢之丞。彼には時には陰惨な人の業や切ない事件がなぜか艶やかに付き纏う。元、掏摸の仙吉が夢様の舞台を観るためならば働いているという気概にキュンときて女嫌いの秋月主殿が夢様を口説いているのにドキドキします。そしてまさかの幕引き。これは「地獄島」も読むしかありません。女としての業と遣る瀬無さとエゴを描いた「お小夜時雨」が心に残っています。

2013/05/19

深青

美しく艶やかなのに、どこか影のある女形「夢之丞」を主人公にした時代小説の短編集。この夢之丞、最初に女形と紹介がなければ、女性だと見間違い(読み間違い?)そうです。江戸の町を舞台にそれぞれの短編で事件が起き、夢之丞が解決するのですが、一番謎に包まれているのは、夢之丞本人なのです。最後まで夢之丞の背景がはっきりと明かされることはないですが、それで良かったのではないかと思います。美しい人には、謎が似合うってね(笑)

2014/03/23

sena

栗本さん、こんな捕物帖まで書いていらしたとは。美しく、影のある夢様。夢様にはどんな秘密があるのか。江戸を舞台に妖しく美しい女形が謎を解く。次巻が楽しみです。が、これって完結してるの?作者が亡くなってると、未完結だと困る。あらためて惜しい人を亡くしたと思う。

2014/01/22

skellig@topsy-turvy

面白かった!やはりいい女形が出てくる話は引き込まれるなあ。事件を解決するのは江戸のホームズ、本人も謎に包まれた玲瓏な美貌を誇る夢之丞ですが、彼の周囲の江戸っ子たちの会話のテンポが最高。ぽんぽん進む謎明かしに、夢之丞の宿敵たる女賊も出てきてどうなるか。続きが気になる終わり方。

2013/04/07

感想・レビューをもっと見る