読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

吸血鬼ハンター24 D-貴族戦線 (朝日文庫)

吸血鬼ハンター24 D-貴族戦線 (朝日文庫)

吸血鬼ハンター24 D-貴族戦線 (朝日文庫)

作家
菊地秀行
天野喜孝
出版社
朝日新聞出版
発売日
2012-03-30
ISBN
9784022646576
amazonで購入する Kindle版を購入する

吸血鬼ハンター24 D-貴族戦線 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

不羈

終盤は駆け足すぎて突っ込みどころが多かった。 それにしても、昔に比べるとDはしゃべる様になったなぁ。

2013/04/25

お腹ボン!

最初の 時間刻みでDに仕事を依頼する状況が、ドラマを見ているような感覚で、次の展開に期待が膨らんで面白かった。そのせいか、仕事を依頼した村長さんと書記の方が亡くなった時は とても残念に思えた。Dの、宇宙からの戻り方が、落ちてきて大怪我なんて、全然美しくなーい!あの、水面に浮かぶ木の葉の様に絵画の様な情景はどこいってしまったんだ!でも、ちょっと笑える。

2018/08/28

柊龍司@中四国読メの会&読メ旅&読食コミュ参加中

<神祖>の負の遺産を相手という事だけど、やっぱり今回も…という感じで、毎回新作がでる度に最終章に入ってくれと祈ってしまう

2012/04/28

作楽

ちょっとピンチになりすぎ、びっくり。いや、強い敵なんだろうけど、最初っからけっこうピンチだったね・・・。寝てる状態のDなんて、夢だね。うん、夢だよ。Dって何者なの?w

2015/01/30

眠る山猫屋

いつか終わるのだろうかこのシリーズ・・・ 人間と取引をする貴族、貴族の科学を利用しようとする人間・・・ リンガードがなかなか良いキャラクターだった。初期のDシリーズを彷彿とさせてくれた。でも後のキャラクターは、正直なところ、若干書き込み不足のような・・・

2012/04/26

感想・レビューをもっと見る