読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

吸血鬼ハンター 20 D-不死者島 (朝日文庫)

吸血鬼ハンター 20 D-不死者島 (朝日文庫)

吸血鬼ハンター 20 D-不死者島 (朝日文庫)

作家
菊地秀行
天野喜孝
出版社
朝日新聞出版
発売日
2008-08-07
ISBN
9784022655318
amazonで購入する Kindle版を購入する

吸血鬼ハンター 20 D-不死者島 (朝日文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Hugo Grove

いつの頃からか一話につき一人のヒロインが登場するようになったなあ。しかし今作の彼女は、好みじゃなかった。あんまりお馬鹿すぎて。さて後残り何作かなあ。

2014/06/24

お腹ボン!

結局冬も吸血鬼。で、なんと、今回は不倫が発端のお話。そりゃあ今迄誰もがDに魅了されてたけど、当然Dは全く相手にしてないようだけど、一方的な未練で復活されてもねー。しかも、旦那も寝てる間に焼き殺されたのに、るろうに剣心ばりに包帯だらけで復活してるし、恨まれるDがいい迷惑だ、神祖の意地悪だね。そして、今回のヒロインの言動がイラついて、あまり好感が持てない。貴族の下僕になったのに最後に島から脱出できたのがよくわからない。むしろ、貴族なのに人間との約束を果たそうとするダナエ公爵にもっと出番が欲しかった。

2017/12/01

はなん

ある意味、時代小説のような感覚かと。パターンがあってそれにそって物語が進む。安心だけどエンターテインメント性って考えると弱くなるのかな。今回の「動機」がなんとも情けなく…(女ってそんなに…うーむ。)

2010/10/17

柊龍司@中四国読メの会&読メ旅&読食コミュ参加中

もう、お願いだからだらだら引き延ばさずに完結してください

2008/08/31

こやまるぅ

吸血鬼ハンター、初読です。シリーズものなのに結構後半のを読んでしまった(笑) 物語の舞台や背景はなんとなく分かりましたが、やっぱりシリーズは最初から読んだ方がいいですね…!「貴族」こと吸血鬼と、吸血鬼ハンターDの因縁の対決!なのかな?今作は漁師の娘メグを中心としたハンター達がメインでした。中盤からメグのオチは察していましたが、ご都合主義感満載かも。個人的にはダナエ卿が好きだったかなぁ。でも設定自体は好きだったので、最初から読んでみたいです!

2016/11/14

感想・レビューをもっと見る