読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

男と女は、ぼちぼち (朝日新書)

男と女は、ぼちぼち (朝日新書)

男と女は、ぼちぼち (朝日新書)

作家
田辺聖子
出版社
朝日新聞出版
発売日
2013-10-11
ISBN
9784022735294
amazonで購入する Kindle版を購入する

男と女は、ぼちぼち (朝日新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

優希

恋愛についての男女のぼちぼちを語っています。対談、講演をまとめたもの。恋愛のユーモアな部分を切り取っている面白さと、おせいさんの優しく大らかな人柄が伝わってきました。より良く生きるための道を教えられたような気がします。

2016/08/12

おばけりんご

作家の田辺聖子さんが、雑誌で対談やエッセイ、大学などで講演をした話をご自身が編集した本です。田辺さんは、博識で深い人ですが言葉が平易で面白いので話がすっと入ってきます。心に響いたのは、出来が悪い子を持つと子供を持っている人達のエラさがわかる、若い時、綺麗な子は綺麗なりに可愛い子は可愛いなりに誰もがみな悲壮感が漂ってるように見えるのは自分の持ち上げ方、ヨイショの仕方、騙し方を知らないからじゃないか、やさしさは想像力であるでした。日本にもこんなモダンで知的な女性が居てくれて物語を紡いでくれた事を感謝したいです

2013/11/30

秋良

夫婦や恋愛をテーマにした対談および講演をまとめたもの。私はあまり「男は」「女は」という考え方は好きでないし、脳に性差があるというのも疑わしいと思ってるんだけど、なるほどと思うところもあった。夫婦は一種の外交とか。恋愛はコスパ悪いって言う人もいるし、日本に自由恋愛の風土が根付く日はまだまだ遠い。

2019/06/30

ペンギン伊予守

老人力すごいと思ったら、中年の頃の講演だったりして、魂が震えた。

2014/08/09

hisakodosu

優しい気持ちになれるコツが田辺聖子さんの小説にはあるように思う。

2014/05/24

感想・レビューをもっと見る