KADOKAWA Group

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

田辺聖子

職業・肩書き
作家
ふりがな
たなべ・せいこ

受賞歴

最終更新 : 2018-06-08

1956年
『虹』大阪市民文芸賞
1964年
『感傷旅行』第50回芥川賞
1987年
『花衣ぬぐやまつわる…』第26回女流文学賞
1990年
第10回,日本文芸大賞
1993年
『ひねくれ一茶』第27回吉川英治文学賞
1994年
第42回菊池寛賞
1998年
『道頓堀の雨に別れて以来なり』第26回泉鏡花賞
1999年
『道頓堀の雨に別れて以来なり』第50回読売文学賞 評論・伝記賞
2003年
『姥ざかり花の旅笠』第8回蓮如賞

「田辺聖子」のおすすめ記事・レビュー

【2023年本屋大賞発表会レポート】自分の人生をつかもうとあがくふたり…凪良ゆう『汝、星のごとく』が大賞作に

【2023年本屋大賞発表会レポート】自分の人生をつかもうとあがくふたり…凪良ゆう『汝、星のごとく』が大賞作に

 2023年4月12日、全国書店員たちが“いちばん売りたい本”を選ぶ「2023年本屋大賞」発表会が行われ、凪良ゆうさんの『汝、星のごとく』(講談社)が大賞を受賞した。同賞は新刊書店に勤務するすべての書店員が投票資格を有し、その投票結果のみで大賞が決定する文学賞で、今年は記念すべき20回目。4年ぶりに入場制限なしで行われた今年の本屋大賞発表会では、全国から駆けつけた書店員、作家、出版関係者が集い、談笑し合う光景が復活。本を愛し、本に関わる人たちの熱気あふれる発表会の模様をレポートする。

(取材・文=アサトーミナミ)

【大賞作】『汝、星のごとく』——自分の人生をつかもうとあがくふたりの物語

『汝、星のごとく』(凪良ゆう/講談社)

 凪良ゆうさんの『汝、星のごとく』は、自然豊かな瀬戸内の島で育った高校生・暁海と、自由奔放な母の恋愛に振り回され、島へと転校してきた櫂の15年間にも及ぶ物語だ。17歳だった少年少女は惹かれ合い、すれ違い、そして、成長していく。途方もない痛みを抱えながら、それでも自分の人生をつかもうとあがくふたり。この物語で丁寧に描き出されていく…

全文を読む

外出を禁じられ、ひとりで家を飛び出したジョゼ。彼女が行きたかった場所は…/ジョゼと虎と魚たち⑥

外出を禁じられ、ひとりで家を飛び出したジョゼ。彼女が行きたかった場所は…/ジョゼと虎と魚たち⑥

田辺聖子氏による恋愛小説の金字塔を完全コミカライズ! 車椅子生活を送るジョゼ。夢を追いかける大学生・恒夫。偶然の出会いが、ふたりの運命を変えていく――。勉強する時間を作るため、バイトを辞めることを決意する恒夫。だが、ジョゼがひとりで家を飛び出したことを知って⁉

続きは本書でお楽しみください。

全文を読む

空想の中でしか自由に外出できないジョゼ。狭い世界で彼女が願うのは…/ジョゼと虎と魚たち⑤

空想の中でしか自由に外出できないジョゼ。狭い世界で彼女が願うのは…/ジョゼと虎と魚たち⑤

田辺聖子氏による恋愛小説の金字塔を完全コミカライズ! 車椅子生活を送るジョゼ。夢を追いかける大学生・恒夫。偶然の出会いが、ふたりの運命を変えていく――。散歩に行くことさえも祖母に禁じられ、自分の部屋だけがジョゼの世界のすべてになっていた。

<第6回に続く>

全文を読む

「畳の目を数えろ」「四つ葉のクローバーを集めろ」 ジョゼの注文は、不思議なものばかり/ジョゼと虎と魚たち④

「畳の目を数えろ」「四つ葉のクローバーを集めろ」 ジョゼの注文は、不思議なものばかり/ジョゼと虎と魚たち④

田辺聖子氏による恋愛小説の金字塔を完全コミカライズ! 車椅子生活を送るジョゼ。夢を追いかける大学生・恒夫。偶然の出会いが、ふたりの運命を変えていく――。ジョゼのことが理解できずにいらつく恒夫。夢を追いかける日々にも疲れていて…。

<第5回に続く>

全文を読む

高時給につられて引き受けた新しいバイト。でも、初日から洗礼が…/ジョゼと虎と魚たち③

高時給につられて引き受けた新しいバイト。でも、初日から洗礼が…/ジョゼと虎と魚たち③

田辺聖子氏による恋愛小説の金字塔を完全コミカライズ! 車椅子生活を送るジョゼ。夢を追いかける大学生・恒夫。偶然の出会いが、ふたりの運命を変えていく――。ジョゼに拒絶される恒夫。けれど、彼女の祖母はなぜか恒夫を気に入って…。

<第4回に続く>

全文を読む

助けたのに「変態」って! 出会いは最悪だったけれど…/ジョゼと虎と魚たち②

助けたのに「変態」って! 出会いは最悪だったけれど…/ジョゼと虎と魚たち②

田辺聖子氏による恋愛小説の金字塔を完全コミカライズ! 車椅子生活を送るジョゼ。夢を追いかける大学生・恒夫。偶然の出会いが、ふたりの運命を変えていく――。偶然、車椅子の少女を助けた恒夫。彼女の祖母に招かれて家に上がると…。

<第3回に続く>

全文を読む

夢を追いかけバイトにいそしむ大学生が、偶然出会ったのは…/ジョゼと虎と魚たち①

夢を追いかけバイトにいそしむ大学生が、偶然出会ったのは…/ジョゼと虎と魚たち①

田辺聖子氏による恋愛小説の金字塔を完全コミカライズ! 車椅子生活を送るジョゼ。夢を追いかける大学生・恒夫。偶然の出会いが、ふたりの運命を変えていく――。バイトからの帰り道。いつもと違う道を選択したことが、恒夫の運命を変えることに。

<第2回に続く>

全文を読む

『ジョゼと虎と魚たち』2020年夏劇場アニメ化&『ダ・ヴィンチ』で絵本奈央のコミカライズ版連載開始!

『ジョゼと虎と魚たち』2020年夏劇場アニメ化&『ダ・ヴィンチ』で絵本奈央のコミカライズ版連載開始!

 田辺聖子の代表作『ジョゼと虎と魚たち』が、2020年に劇場アニメ化することが決定した。

 同作は妻夫木聡、池脇千鶴主演の実写映画(2003年公開)で触れた人も多いであろう。国内外の評価も高い、恋愛小説の金字塔である。

 監督は『おおかみこどもの雨と雪』助監督、『ノラガミ』シリーズの監督を務めたタムラコータロー。満を持してのアニメ映画初監督作品となる。脚本は『ストロボ・エッジ』の桑村さや香、キャラクターデザインは『妖狐×僕SS』『クジラの子らは砂上に歌う』の飯塚晴子、アニメーション制作は『鋼の錬金術師』『僕のヒーローアカデミア』など数々の人気作を手がけるボンズが担当する。

 キャストなどは順次公開予定だが、公開まで待ち切れない人々に朗報! 劇場公開に先行し、コミカライズ版が1月6日発売『ダ・ヴィンチ』2月号から連載スタートする。コミカライズを担当するのは、本映画のキャラクター原案も手掛け、『荒ぶる季節の乙女どもよ。』『それでも僕は君が好き』などで人気を博した絵本奈央だ。

■絵本さんコメント■  学生時代に小説を読み、とても感動したことを覚えていたので、…

全文を読む

「田辺聖子」のおすすめ記事をもっと見る

「田辺聖子」のレビュー・書評をもっと見る

「田辺聖子」の本・小説

私たちの金曜日 (角川文庫)

私たちの金曜日 (角川文庫)

作家
有川ひろ
恩田陸
桐野夏生
田辺聖子
津村記久子
山本文緒
綿矢りさ
三宅香帆
出版社
KADOKAWA
発売日
2023-01-24
ISBN
9784041132203
作品情報を見る
君を恋ふらん 源氏物語アンソロジー (角川文庫)

君を恋ふらん 源氏物語アンソロジー (角川文庫)

作家
末國善己
田辺聖子
瀬戸内寂聴
永井路子
森谷明子
澤田瞳子
永井 紗耶子
出版社
KADOKAWA
発売日
2023-10-24
ISBN
9784041138779
作品情報を見る
田辺聖子全集 6 言い寄る/私的生活/苺をつぶしながら[三部作]

田辺聖子全集 6 言い寄る/私的生活/苺をつぶしながら[三部作]

作家
田辺聖子
出版社
集英社
発売日
2004-08-05
ISBN
9784081550067
作品情報を見る
恋にあっぷあっぷ (集英社文庫)

恋にあっぷあっぷ (集英社文庫)

作家
田辺聖子
出版社
集英社
発売日
2012-01-20
ISBN
9784087467888
作品情報を見る

「田辺聖子」人気の作品ランキングをもっと見る

「田辺聖子」の関連画像・写真

「田辺聖子」の関連画像・写真をもっと見る