読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

人は、老いない (朝日新書)

人は、老いない (朝日新書)

人は、老いない (朝日新書)

作家
島田裕巳
出版社
朝日新聞出版
発売日
2017-06-13
ISBN
9784022737236
amazonで購入する Kindle版を購入する

人は、老いない (朝日新書) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

壱萬弐仟縁冊

生れることが苦ととらえられるのは、輪廻のくり返しが前提となっている。インドでは、社会的義務を立派に果たし、功なり名なりをとげた人物が、最後に、すべてを捨てて修行者になってさ迷い、野垂れ死にしていく。これは、日本人には受け入れがたい考え方(30頁)。老成とは、年をとり、りっぱな徳を完成している人(34頁)。老後などあるのだろうか。そこに疑問を持つべきではないか。老後ではなく、老成の期間。老成は老いではない。発想の転換が、今や求められている(55頁)。著者は、三田会に関心を持っている。

2017/10/14

乱読家 護る会支持!

「老後ではなく老成」。年齢を重ねることでこそ達成出来る事がある、、、と考える宗教学者の本。 終活するなら出家しよう。好奇心を持って、子どもの心を持ち続けよう。でも人生には締め切り(死)があることを自覚し、締め切りが近づいてきたら、生への執着を捨てること。。。 というような事を、いろいろと理屈をつけて書いてはります。老後を楽しむ事に、理屈が必要な方は読んだらいいんじゃね。。

2017/12/21

田中峰和

釈迦の出家が語られるとき、生老病死の四苦が登場する。老病死が苦なのはわかるが、なぜ生が苦なのか。輪廻転生を信じるインド人にとって、次は何に転生するかわからない。だから生まれたこと自体が苦なのだという。仏教は中国に伝来し、生まれることを苦として否定的にとらえる視点はなくなった。それが老いについての捉え方にも影響し、老成のような老いを肯定的にとらえる思想も定着。定年以降、20年、30年生きる日本社会では老後も、成長する老成のような考えを理解する必要がある。だが先祖を敬う観念が薄れると、老人への畏敬もなくなる。

2017/11/26

本文中の曽野綾子氏の『戒老録』の教えから。「新しい機械を使うことを、絶えず積極的に覚えること」まさに、今これが大切。「してもらうのは当然、と思わぬこと」、「愚痴を言って、いいことは一つもない」「攻撃的であることをやめること」、心に戒めて年を取っていきたい。年を取るから、成長する"老成"

2017/10/23

キンセンカ

若さが異常な程にもてはやされる今、肉体的な老いに怯えを感じている人にぜひ読んで頂きたい。

2017/09/01

感想・レビューをもっと見る