読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

島田裕巳

職業・肩書き
タレント・その他
ふりがな
しまだ・ひろみ

プロフィール

最終更新 : 2018-06-08

宗教学者

「島田裕巳」のおすすめ記事・レビュー

死者はとんだ金食い虫!? 世界断然1位の日本の葬儀費231万円は妥当なのか

死者はとんだ金食い虫!?  世界断然1位の日本の葬儀費231万円は妥当なのか

『0葬――あっさり死ぬ』(島田裕巳/集英社)

 都市での無縁死や孤独死が増えている今、老後の生活費同様に独身者が考えなければならないのが「自らの処分費」。これがめっぽう金がかかるのである。

 宗教学者であり、葬送の自由をすすめる会会長の島田裕巳氏の著書『0葬――あっさり死ぬ』(集英社)によると、日本の葬儀平均費用は231万円で、世界の葬儀費用の中でもダントツ1位。アメリカの44万4000円、イギリスの12万3000円、ドイツの19万8000円で、韓国の37万3000円と比べると、日本の死者がいかに金食い虫であることが分かる。また、これに墓代まで合わせると、実に100万~1000万円の費用がかかるというのである。

 数百万円も葬儀に金をかけるなら、生きている間に使い果たしたい。そう考える人も少なくないだろう。縁遠い実家の墓に無理やり詰め込まれ、「なんで結婚しなかったんだ」なんて、死後まで小言を言われるくらいなら、生前同様、一人安らかに眠りたい。最近では夫の墓に入りたくない妻たちの共同墓地も密かに人気を集めている。要は宗教心が薄れた分、生きている間の業を…

全文を読む

注目の新刊 『プア充 高収入は、要らない』 ダ・ヴィンチ2013年11月号

注目の新刊 『プア充 高収入は、要らない』 ダ・ヴィンチ2013年11月号

少ないお金だからこそ、豊かで幸せに生きていけると考える「プア充」の生き方。年収は300万円程度。それ以上は稼がず、ローンは組まず、仕事にやりがいを求めない。「待つ」楽しみとともに充実した生活を送り、いい死に方ができるという、現代版「少欲知足」のススメ。

全文を読む

「島田裕巳」のおすすめ記事をもっと見る

「島田裕巳」のレビュー・書評をもっと見る

「島田裕巳」の本・小説

葬式消滅 お墓も戒名もいらない

葬式消滅 お墓も戒名もいらない

作家
島田裕巳
出版社
ジー・ビー
発売日
2022-06-27
ISBN
9784910428192
作品情報を見る
宗教にはなぜ金が集まるのか (祥伝社新書)

宗教にはなぜ金が集まるのか (祥伝社新書)

作家
島田裕巳
出版社
祥伝社
発売日
2022-09-30
ISBN
9784396116651
作品情報を見る
神道はなぜ教えがないのか (ベスト新書)

神道はなぜ教えがないのか (ベスト新書)

作家
島田裕巳
出版社
ベストセラーズ
発売日
2013-01-09
ISBN
9784584123959
作品情報を見る
宇宙一やさしい! 日本の神様図鑑

宇宙一やさしい! 日本の神様図鑑

作家
島田裕巳
出版社
洋泉社
発売日
2019-10-26
ISBN
9784800317476
作品情報を見る
大川隆法の霊言―神理百問百答

大川隆法の霊言―神理百問百答

作家
米本 和広
島田裕巳
出版社
JICC出版局
発売日
0000-00-00
ISBN
9784796602563
作品情報を見る
なぜ人は宗教にハマるのか (14歳の世渡り術)

なぜ人は宗教にハマるのか (14歳の世渡り術)

作家
島田裕巳
出版社
河出書房新社
発売日
2010-03-17
ISBN
9784309616599
作品情報を見る
空海と最澄はどっちが偉いのか? 日本仏教史 七つの謎を解く (知恵の森文庫)

空海と最澄はどっちが偉いのか? 日本仏教史 七つの謎を解く (知恵の森文庫)

作家
島田裕巳
出版社
光文社
発売日
2017-01-11
ISBN
9784334787134
作品情報を見る
天理教―神憑りから新宗教へ

天理教―神憑りから新宗教へ

作家
島田裕巳
出版社
八幡書店
発売日
2009-01-01
ISBN
9784893507518
作品情報を見る

「島田裕巳」人気の作品ランキングをもっと見る

「島田裕巳」の関連画像・写真

「島田裕巳」の関連画像・写真をもっと見る