読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

マザーグースの子どもたち (1) (〈写真絵本〉シリーズ)

マザーグースの子どもたち (1) (〈写真絵本〉シリーズ)

マザーグースの子どもたち (1) (〈写真絵本〉シリーズ)

作家
谷川俊太郎
加藤 和長
出版社
偕成社
発売日
0000-00-00
ISBN
9784039642103
amazonで購入する

ジャンル

マザーグースの子どもたち (1) (〈写真絵本〉シリーズ) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

Kawai Hideki

ロンドンのクローリー家の子供達の写真とマザーグースの詩で構成される写真絵本。牧歌的な時代を感じさせる一方で、現代ではかなりきわどい本の部類に入る気がする。どのくらいやばいかというと、最初のページで、いきなり下半身すっぽんぽんのオリバー君(2歳)が手に赤い長靴をはめて、「ぼくは絵本と歌、そして、なにより裸でいるのが好きなんだ」とカミングアウト。見えてます。他にも庭での子供の脱衣シーンや女の子のトイレのシーンまである。マザーグースが倒錯した詩にしか見えなくなってくる。超開放的な教育方針か。児ポ法的に大丈夫か。

2016/03/31

猪子

ロンドンのクローリー一家とマザーグースの歌を合わせた不思議な写真絵本。一家のアルバムから抜粋したものでなく、日本人写真家の加藤和長さんが撮影した写真だというから正直???という感じ。こんなにパーソナルスペースに侵入されまくってて良いのだろうか…?子どもたち普通にはだかんぼだしトイレの写真まで撮ってるけど…

2019/10/09

感想・レビューをもっと見る