読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

スレイヤーズ16 アテッサの邂逅 (ファンタジア文庫)

スレイヤーズ16 アテッサの邂逅 (ファンタジア文庫)

スレイヤーズ16 アテッサの邂逅 (ファンタジア文庫)

作家
神坂一
あらいずみるい
出版社
KADOKAWA
発売日
2018-10-20
ISBN
9784040729053
amazonで購入する Kindle版を購入する

「スレイヤーズ16 アテッサの邂逅 (ファンタジア文庫)」の関連記事

「何軒回っても買えなかった…」『スレイヤーズ』18年ぶり新刊、発売即重版に大反響

『スレイヤーズ アテッサの邂逅』16巻(神坂一/KADOKAWA)

 神坂一による超人気ライトノベルシリーズ『スレイヤーズ』の16巻が、発売直後に重版決定。重版分は11月上旬ごろに書店に入荷される予定とのことだが、「早く! 重版早く頑張ってくれ!」「スレイヤーズすごすぎるな…」と反響の声が続出している。

 2018年10月20日(土)に18年ぶりの長編新刊『スレイヤーズ16 アテッサの邂逅』が発売された同シリーズ。ファンタジーラノベの金字塔として、劇場版やOVA、テレビアニメ、短編集など幅広い形で愛されている作品だけあり、新刊決定直後から「スレイヤーズに新刊… ウソでしょ?」「オジサン泣いちゃうよ。奇跡だろ」と大反響。発売後は書店でも売り切れが続出し、「本屋にもAmazonにもないぞ… 早すぎる」「何軒回っても買えなかった! さすがだ…」と衝撃が広がっていた。

 この事態を受け、早速大重版が決定。初回生産分のカバー裏面には「ファンタジア文庫」の旧カバーデザインが印刷されていたが、今回の重版分もこの仕様を継続。「旧フォーマットの表紙めちゃくちゃ懐かしい…

2018/11/8

全文を読む

関連記事をもっと見る

スレイヤーズ16 アテッサの邂逅 (ファンタジア文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

まりも

あのファンタジー小説の金字塔作品「スレイヤーズ」。その最新刊が18年ぶりに刊行ッ!懐かしすぎて面白すぎてページを捲る手が止まらなかったです。正直読む前は設定うろ覚えだったけど、読み始めたら当時の思い出と共にブワーッと記憶が蘇ってきて、もう胸の中がいっぱいに。あの頃と何も変わらないリナといつもの面々。元気な彼らが暴れまわる姿をこうして見れて本当に嬉しかった。子供の頃スレイヤーズに夢中だったファンなら大満足間違いなしの1冊。続刊は未定との事だが、いつかまたきっと出してくれることを信じて気長に待ちたいと思う。

2018/11/03

佐島楓

懐かしい! と発売を心待ちにしていた。読んでみるとノリは以前のまま、続刊が期待できそうな内容。リナの強さは永遠に不滅です!

2018/10/21

そうぺい

初読。書店で発見。あれ?→新装?アンソロ?→新作!ウォ~!!と感激でしたwカバーが、リバーシブルで懐かしのデザインに変えられて感涙。この書体と雰囲気がボクのラノベなのです。嗚呼、富士見ファンタジアwwボクの中では、「スレイヤーズ」「フォーチュンクエスト」「ロードス島戦記」が、三大ファンタジーラノベで、とりわけこの神坂さん&あらいずみさんのスレイヤーズの文体やら、雰囲気やら、設定やらが大好きで小遣いをはたいたものです。影響も大だなあ。肝心の内容も雰囲気そのままで、素晴らしいです。L様もご健在で。ああ、涙ww

2018/11/11

はな

本屋さんで平積されているのを見て手に取りました。懐かしい気持ちでいっぱいです。まさかまたリナに会えるなんてと思うと嬉しいです。邂逅というだけあってゼロスまでちゃんと再会できました。基本コメディのテンポの良さを踏まえつつ抑えるところはちゃんと抑える王道といえるファンタジー。一気読みしました。今度はナーガにも会いたいなぁと思うので、また書いて欲しいです。

2018/11/30

なかひと

まさかあのキャラまで出てくるとは・・・!ファンは読むべき!

2018/10/24

感想・レビューをもっと見る