読みたい本がここにある

Facebook Twitter LINE はてブ Instagram Pinterest

迎撃せよ (角川文庫)

迎撃せよ (角川文庫)

迎撃せよ (角川文庫)

作家
福田和代
出版社
KADOKAWA
発売日
2013-11-22
ISBN
9784041010914
amazonで購入する Kindle版を購入する

迎撃せよ (角川文庫) / 感想・レビュー

powerd by 読書メーター

ユザキ部長

ミサイル防衛。長きにわたり答えの出ない専守防衛。迷いがあると行動が遅くなる。価値観や生き様はそれぞれだけど有事の際にベストの選択ができるか?準備が大切と福田さんは言いたかったのだろうか?それが巻末にあるバランスと言ったワードにつながると思った。

2016/07/14

いたろう

航空自衛隊の基地から、翌日の試験飛行のため、空対艦ミサイルを搭載していた戦闘機F-2が、何者かによって奪われた。やがて届いた、30時間後に日本の主要都市にミサイルを撃ち込むという犯行声明。果たして犯人は何者なのか。謎のテロ集団との攻防、迫りくるタイムリミット。領空侵犯されても、実際にミサイルが発射されるまでは、武力行使ができないという日本の法律上の制約が、緊張感を倍加する。手に汗握る臨場感だが、ミサイルテロの危険があるとの政府発表に、都市部から逃げようという人々でパニックが起こらないのが、少々気にかかる。

2020/05/03

BlueBerry

自衛隊関連とか活劇部分が好きな人には堪らないのでしょうね。ストーリー自体は奥行きもなく単純で物足りなかったかな(笑。

2014/03/02

saga

ノンストップ・ミリタリー小説。時系列で、なおかつ○二○○(マルフタマルマル)なんて書き方が良い感じだ。テロリストと自衛隊のミサイル防衛システムに関わる自衛官との闘い。特に女性自衛官・真樹が本作品の重要な役を担っている。あとがきを読むと、どこか有川浩を思わせるような書きぶりで、本作品も空幕広報室のお世話になったらしい。続編の『潜航せよ』も読んでみよう。

2017/02/11

hrmt

ミサイルテロでなくとも、時々ニュースで流れる北朝鮮のミサイル発射実験。あぁ、また?ぐらいにしか認識してなかったし、まさか日本に撃ち込まれる事なんてないだろう…とか思ってしまいますが、その度に自衛隊の方々が、十全の準備と緊張を以ってミサイル防衛に従事して下さってるんだろなぁと頭の下がる思いでした。加賀山さん親子の実力行使は決して褒められないけど、日々の平和な生活のために国民全体が国防をちゃんと考えなさいよ…っていう事でしょうか。安易な心持ちの一般人としては、表紙カバーのF-2のカッコ良さに魅かれます(^^)

2016/08/08

感想・レビューをもっと見る